IT川柳

お題は「コンテンツ」

四月の特選

  • 青春を反芻してるアーカイブ(こいまり)

四月の名作・迷作選

  • アーカイブどこで缶けりしてるかな(うずまき君)
  • 披露宴父を泣かせるアーカイブ(すずめ)
  • 老妻と恋も映画もアーカイブ(なおえもん)
  • 糠床の底に昭和のお漬物(まこっちゃん)
  • 忘れたい恋はホコリをかぶる書庫(汐海岬)
  • お蔵入り英訳すればアーカイブ(周平)
  • 壁の穴柱の傷もアーカイブ(厨坊主)
  • ゴミの山アーカイブだと言い訳し(男の趣味)
  • パパよりもネットに聞こうアーカイブ(こぱんだ)
  • 思い出もフォルダ一つにまとめられ(たごさん)
今月の名作・迷作選はこちら
今月の特選に戻る
お題は…アーカイブ

選者より一言

「アーカイブ」は、近頃よく聞かれる言葉ですね。用途によって多少意味合いが違ってくるようですが、"記憶"という意味で使った作品が多く見受けられました。思い出したいこと、思い出したくないこと、思い出してほしいこと、思い出してもらいたくないことなど、アーカイブも悲喜こもごもです。そして、その中でも恋をテーマにした作品が比較的多かったように思います。初恋を含め数々の恋を心というフォルダーにアーカイブして、それを時折取り出してみては、甘酸っぱさ、ほろ苦さを感じている作品がとてもほほ笑ましく感じました。もろもろの事をアーカイブすることが目的ではなく、それをいかに活用するかがやはり大切だと思います。
特選句は青春を反芻(はんすう)するという表現が面白く、それもただ単に繰り返すということではなく、かみしめ、味わうという意味も込められていますね。そう実感をしている50代、60代はもちろん、それ以上の年代の方、結構多いのではないでしょうか。私の年代でも近年反芻する集まりが多くなりました。
「アーカイブ十色の涙眠ってる」  立川談幸

選者プロフィール

急な客押入れというアーカイブ(休止符)

編集部より
惜しくも選を逃した名(迷)句から編集部が選んだ今月の「編集部のエコひいき」。散らかったモノは取りあえず押し入れに。見た目は美しくなるけれど、何を片付けたか忘れることも。ああ、まるで私のハードディスクのよう。掲載された方にはCOMZINE特製マイボトルを進呈します。

コムジン特製マイボトル

川柳ワンポイントレッスン

川柳は「五・七・五」という十七音字のリズムを大切にします。
原則として、口語体で作る、「や」や「けり」などの切れ字は使わない、などの約束事がありますが、俳句と違って季語や切れの制約はありません。
特に最近では、句全体のリズムを壊さなければ、字余り、字足らずも認められています。一呼吸でスムーズに読めることが大切とされます。
なお、本コーナーには「IT」をテーマにした川柳という応募条件がありますので、この点にもご留意ください。

あなたが選んだ句ははたして? 第10回ベスト・オブ・IT川柳 結果発表!!
お題は「ガラケー」です

IT川柳募集
ITに関連するお題をお知らせしますのでそのお題から自由に発想して、一句ひねってください。入選された方々には川柳生活の友「句戔(くせん)&筆ペン」を、その中から、見事、特選に輝いた方にはCOMZINE編集部が選んだ「今月の特選賞」を進呈します。更に、一年間の特選12句から「ベスト・オブ・IT川柳」のグランプリに選ばれた方へは豪華賞品をお贈り致します。皆さん奮ってご投句ください。

2014年7月号に掲載されるに掲載される川柳のお題は…
ガラパゴス諸島で独自の進化を遂げた生物になぞらえ、日本の多機能携帯電話を指す言葉「ガラケー(ガラパゴスケータイ)」。身の回りに、ガラパゴス化したものはいろいろありそうですが...。次号のお題は「ガラケー」です。
【お知らせ】更新期間が変更になりました。締め切りならびに発表の日付をご確認ください。

※締め切りは2014年4月24日、発表は2014年6月25日更新7月号となります。

投句する*作品の著作権は、すべてNTTコムウェアに帰属するものとします。無断での転載、使用はご遠慮ください。

美しい形の折り畳み傘で雨を楽しんで一句!

春雨、五月雨、時雨と、日本には美しい雨の呼び名がたくさんあります。でも、昨今のゲリラ豪雨は困りもの。急な雨に備えて、こんな折り畳み傘はいかがでしょう。10本骨なので丈夫で、開いた時の形も丸くてきれい。さあ、雨の日にも一句!
*特選賞は都合によって変更することがございます。


イラスト/小湊好治
Top of the page