ナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。

かしこい生き方を考える COMZINE by NTT コムウェア

NTT COMWARE

COMZINE BACK NUMBER

IT川柳

お題は「USB」

十月の特選

  • 遺言をUSBで持ち歩き(花提灯)

十月の名作・迷作選

  • パソコンに腕を付け足すできる奴(あどぞう)
  • USB誰が抜いたか物忘れ(りやかん)
  • USBだらけでどれが何だっけ(タツノお年ゴ)
  • 行列の続く間口の狭い店(まこっちゃん)
  • USB持って歩いてまた謝罪(ミント)
  • USB本音はここに入れてある(井口堂のロバ)
  • 情報をあれだけ食べてなぜスリム(春爺)
  • 受験生脳に差したいUSB(森の児)
  • USB山椒は小粒ギガバイト(素人)
  • 一回は向き間違えるUSB(浜ぶどう)
今月の名作・迷作選はこちら
今月の特選に戻る
お題は…USB

選者より一言

今回のお題「USB」を川柳にするには、ちょっと難しかったようですね。投句がいつもより少なめでした。にもかかわらずチャレンジして作品を送って下さった方々ありがとうございました。
このお題について"USBメモリ"を意識して作って下さった方が多かったですね。入選句にもありましたよう、本当に山椒は小粒でもその働きはあなどれなく大きなものです。
ただあまりにも小型なため、便利な反面、その所在をうっかりしてしまい、事後処理に苦労させられることもありますね。その働きが大きいゆえに処置、処理は命取りになりかねません。しかし、現代の暮らし、仕事に役に立つアイテムですから手軽に、そして慎重にを心がけ、大いに活用しましょう。また、パソコンの周辺機器との接続においてUSBは、いとも簡単に、仲睦まじく結び付けてくれるすぐれものです。その伝送の確かさも、嬉しいものです。
"USBメモリ"を意識した作品には、その便、不便の表裏を表したものがありましたが、「USB」そのものを意識した作品は、その恩恵をうまく詠んだものばかりでした。特選句は、人生においてもっとも重きをなす内容のものを、あまりにも手軽なものに詰めて持ち歩くという、"重さ"と"軽さ"の対比が面白く感じました。でも、これはありえる話ですね。
「弁慶も舌を巻いてるUSB」  立川談幸

選者プロフィール

もう飽和頭に付けたいUSB(習作)

編集部より
惜しくも選を逃した名(迷)句から編集部が選んだ今月の「編集部のエコひいき」。新しく買い換えたスマートフォンの使い方と、社内の新しいメールシステムと電子決済の方法と、株価と為替のチェックと、SNSとブログの更新…。うーん、寝る時間をUSBにつなぎたい…。


イラスト/小湊好治
Top of the page

月刊誌スタイルで楽しめる『COMZINE』は、暮らしを支える身近なITや、人生を豊かにするヒントが詰まっています。

Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2003-2014

[サイトご利用条件]  [NTTコムウェアのサイトへ]