ナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。

かしこい生き方を考える COMZINE by NTT コムウェア

NTT COMWARE

COMZINE BACK NUMBER

IT川柳

お題は「USB」

十二月の特選

  • マナーにはうるさい父の高いびき(ゆうごじゅう)

十二月の名作・迷作選

  • アラームもマナーモードで遅刻する(hiro)
  • 着信が無くてマナーに出番なし(あーさまま)
  • テーブルでマナーモードが暴れてる(あどぞう)
  • 着信音消しても地声よく響き(ぐらふと)
  • マナーより電源オフの初デート(こりんご)
  • 独り身がマナーモードになる聖夜(夏季厳禁)
  • 家着けばマナーモードがオフの妻(たかさま)
  • 食っちゃ寝をマナーモードと言う女房(嵐山)
  • 鳴りたくて鳴りたくてほら震えてる(ふくジロー)
  • 着信のフリして唸り去る酒席(おてもやん)
今月の名作・迷作選はこちら
今月の特選に戻る
お題は…マナーモード

選者より一言

路上喫煙に対し「マナーからルールに」というキャッチフレーズで禁煙を促したものがありました。昨今は自転車の通行にもそれに近い警告が発せられています。電車内でのヘッドホンからもれるシャカシャカ音は相変わらずです。公的空間がどんどん私的空間として使われてきているように思われ、そんな場面をいくらも目にします。投句された方々の中にも、それに対して警句的発想で作品を作られている方が多く見受けられました。
IT川柳の面白いところはそのものについてもさることながら、無機的なものを人間に当てはめて表現するということにもあると思います。中でもそれを「我が女房」に当てはめられる方が圧倒的です。それだけ共通の感想をお持ちなのでしょう。
そして、せっかくマナーモードに設定していても、使う本人が周りに迷惑をかけてしまっているという、マナー破りの話声の光景も結構見受けますね。ご自身にもマナーボタンの設定を。
特選句は、きっと日頃から公衆マナーなど口うるさく言っているお父さんなのでしょう。それが寝ると家中響く高いびき。マナーの小言も吹き飛んでしまいますね。「お父さんだって寝ると迷惑かけるじゃないの!」と家族反撃の一句。
「サゲ間際着信音が凍らせる」  立川談幸

選者プロフィール

ポケットの震え止まらぬ午前二時(銀次郎)

編集部より
惜しくも選を逃した名(迷)句から編集部が選んだ今月の「編集部のエコひいき」。「電話入れようと思ったんだけど、バッテリー切れで」「バッテリー切れてても呼び出し音はなるの?」「あっ、いや、あの、えっ?」。



イラスト/小湊好治
Top of the page

月刊誌スタイルで楽しめる『COMZINE』は、暮らしを支える身近なITや、人生を豊かにするヒントが詰まっています。

Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2003-2014

[サイトご利用条件]  [NTTコムウェアのサイトへ]