ナビゲーションを読み飛ばすにはここでエンターキーを押してください。

かしこい生き方を考える COMZINE by NTT コムウェア

NTT COMWARE

COMZINE BACK NUMBER

IT川柳

お題は「着信履歴」

一月の特選

  • チャクレキを見るのが怖い朝寝坊(あどぞう)

一月の名作・迷作選

  • 着歴に源氏名ばかり並んでる(towaG)
  • ワンコールただの撒き餌で鯛が釣れ(詐欺師おやじ)
  • 着歴の本命だけにかけ直す(はるやす)
  • けんかしたあとにすぐ見る着信履歴(やんちゃなヨーキー)
  • 午前様我が家が見えて消す履歴(銀次郎)
  • 肩書きも着歴も無い定年後(山 十四男)
  • 黙秘でも着信履歴ものを言い(升弥)
  • 妻だけが履歴に並ぶ不自然さ(清茶庵)
  • 生きてます履歴に母の声がする(爪楊枝)
  • 飲み会でチャクレキ見たら酔い覚めた(尼の政爺)
今月の名作・迷作選はこちら
今月の特選に戻る
お題は…着信履歴

選者より一言

電話に出られず、折り返しかけ直さなければならない相手だった場合、「何とこの着信履歴の便利なことよ」と、こういう機能が出来たことに感謝したものです。相手の選別が出来るというのも安心感のひとつです。そして、アリバイ・証拠として、犯罪捜査にひと役買っているということも、この着信履歴の恩恵でしょう。しかし、その反面プライベートなことの足取りを知られないようにと、心を砕くようにもなりました。別に隠すことのない方は良いでしょうが、投句を拝見していると、秘密にしておきたいことを、皆さんたくさんお持ちのようですね。
定年後の寂しさを詠んだ作品も結構見受けられました。現役で働いているときの頻繁な着歴に辟易していた方も、定年後肩書きが取れ、着信のない静かな日々に安堵しているというより、やはり一抹の寂しさを感じていらっしゃるようですね。社会と関わってこそ、生き甲斐があるということに気づかれた方も多いことでしょう。
特選句は、こんな経験をお持ちの方が結構いらっしゃるのではと選びました。着歴を見ただけで鬼のような形相の上司の顔が浮かんできますね。夜更かし、深酒ご用心!ケータイも着信履歴を見るときの状況により、喜怒哀楽を持つ生き物になりますね。
「着歴にハッとホッとが同居する」  立川談幸

選者プロフィール

いつ会った着信履歴で確認し(よしたい)

編集部より
惜しくも選を逃した名(迷)句から編集部が選んだ今月の「編集部のエコひいき」。最初に確かあいつから電話をくれて、その翌日に俺が電話して、会う日を決めて、その日がキャンセルになって、その翌日に電話して・・・、それで会ったのはいつだっけ?



イラスト/小湊好治
Top of the page

月刊誌スタイルで楽しめる『COMZINE』は、暮らしを支える身近なITや、人生を豊かにするヒントが詰まっています。

Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2003-2014

[サイトご利用条件]  [NTTコムウェアのサイトへ]