NTTコムウェアの強み

巨大システムと全国規模のネットワーク、日本の通信基盤を支えてきた実績があります。

NTTコムウェアは、NTTの内部組織として通信ネットワークを担ってきた「通信ソフトウェア本部」と顧客サービス業務を支える基幹システムやNTT社内情報システムの設計・開発・運用を手掛けてきた「情報システム本部」、この2つの組織が統合し、独立することで誕生しました。日本の通信インフラや巨大な基幹業務システムの構築、運用を一手に担ってきた組織なのです。
NTTグループで日本の通信インフラをけん引してきた実績をもとに、今日では金融、公共、小売・流通、エネルギーなど、あらゆる業界に向け、顧客のビジネスをサポートするICTソリューションを提供しています。

ICTにおける総合力ともいうべき 3つのコア・コンピタンスが私たちの武器です。

SNSやインターネットショッピングなどの直接私たちが手に触れるものから、金融取引や流通管理などの企業の業務にいたるまで、あらゆるものがICTによって提供されている現在において、ICT業界は社会インフラのひとつといえます。
そのICTをリードし、日本の通信を支えてきた確かな技術力と積極的な提案で、お客様の事業改革をICTサービスで実現すること、これが、私たちのミッションです。
NTTコムウェアは、「Infrastructure Integrator」「Innovative Migrater」「Fundamental Operator」という3つのコア・コンピタンスをもって、社会の発展に貢献しています。

●インフラストラクチャー
インテグレーター

通信キャリアの使用に耐える最適・高品質なICT基盤を土台に、マルチベンダー基盤技術を駆使し、世界中のあらゆる先進技術を組み合わせてお客様のビジネスに最適なソリューションを提供します。

●イノベーティブ マイグレータ―

ミッションクリティカルなシステムやネットワークの数々を更改してきた実績をベースに、ローコスト、ハイスピードの開発・移行を実現し、経営環境の急速な変化に柔軟に対応します。

●ファンダメンタル オペレーター

NTTグループ内外の技術・ノウハウを結集し、オペレーションの自動化・高度化を図り、ローコストで国際水準のオペレーションを実現します。
  • INDEX
  • NTTコムウェアの強み
  • NTTコムウェアの使命
  • データでわかる NTTコムウェアのビジネス
  • 事業領域