NTTコムウェア

05 CASE STUDY 1
国内最大のNGN光ブロードバンドサービスを担う、大規模システムを開発
NGNの新サービスとは?

NGN※は、従来の電話網がもつ信頼性・安定性を確保しながら、IPネットワークの柔軟性・経済性を備えた、次世代の情報通信ネットワークです。2008年、NTT東日本、西日本(NTT東西)では、このNGNを活用し、新たな光ブロードバンドサービスの提供を開始しました。
※Next Generation Network

お客様のビジネスの拡大に合わせてシステムを開発

NTTコムウェアは、光ブロードバンドサービスにおける申込受付から注文・契約の管理、光回線開通工事の手配などを担う大規模システムを、NTT東西共通のシステムとして開発。開発後も、新サービスや新プランの導入など、NTT東西の様々なサービス展開に合わせて、多くの開発を行っています。さらに現在、初期開発のシステムの保守期限が迫り、システム更改(リニューアル)に向けて検討中です。

お客様のビジネスの拡大に合わせてシステムを開発

最新の仕組みを導入し、より快適なシステムを追求し続ける

光ブロードバンドサービスを担うシステムは、24時間365日稼働し、大量なデータを遅延なく確実に処理することを必達とする大規模基幹システムです。その一方で、四半期ごとに、NTT東西が展開する様々な新サービスや新プラン導入に合わせて、多くの開発を行なってきました。そんな中、求められるのは、システムの稼働をできる限り止めることなく、NTT東西の新サービスの開始をスピーディに実現することです。そこでNTTコムウェアは、最低限必要な機能をあらかじめ汎用的に基盤として配備した「付加サービス汎用モデル基盤」を導入し、開発期間をわずか1カ月に短縮することに成功しました。
また、現在検討中のシステム更改にあたっては、NTT東西のさらなる仕様共通化や機能改善を通して、よりシンプルでスピーディなシステムへの刷新を目指し、最適な形を追求しています。
変化が激しい通信業界で、システム開発からNTT東西のビジネスを成功に導いていく、それがNTTコムウェアの使命です。

■最新の仕組みを最短で導入できるシステムの追求

最新の仕組みを導入し、より快適なシステムを追求し続ける

※記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

05 CASE STUDY

  • FUTURE
    光サービス大規模ソリューション
  • FUTURE
    マイナンバー管理ソリューション
  • FUTURE
    Deeptector®
  • FUTURE
    光BOX+
  • FUTURE
    多言語字幕・解説システム