04 社員紹介 社員の挑み方

システムの基盤構築を通じて、お客様と社会を支えていく。 菅野 翼

仕 事 システムの技術基盤を構築する

私が所属するエンタープライズビジネス事業本部第二ビジネス部は、NTTグループ、NTTグループ外を問わず、流通小売業や製造、出版、建築、教育など幅広い業界の企業向けに情報システムの提案・構築を行っています。私はそのうち流通小売企業向けのシステム開発プロジェクトにテクニカルスペシャリストとして参画し、主に方式設計を担当しています。
方式設計はアーキテクチャ設計とも言い、システムのベースとなる基盤を構築する仕事です。お客様の要望に沿って業務の流れをシステム化するのがアプリケーションスペシャリストの仕事だとすれば、我々は最適なハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどの規格や仕様から具体的な製品・構成を決定し、設計・構築まで行います。
たとえばサーバの選定だけでも、求められる処理能力、ディスク容量、耐障害性、拡張性、保守性、価格など多くの選定基準があります。加えてお客様が何を求めているのか、どんなリスクがあるのか、システム構築の期間はどれくらいかなど様々なことを考慮し、お客様やプロジェクトチームのメンバー、社内の関連部署、協力会社などとコミュニケーションを重ねながら最適な機器の選定・システム構成の検討を行っていきます。

ミッション 根幹部分を構築する「ものづくり」の醍醐味

方式設計は情報システムの根幹となる部分の仕様を決める仕事です。ここを誤るとシステム全体のトラブルにつながり、お客様はもちろん、広く社会にも迷惑をかけることになります。その責任の大きさ、重さを常に意識しながら業務に取り組んでいます。システムを実際に利用するエンドユーザには見えないかもしれませんが、エンドユーザが意識しなくても、システムが稼働し続け、社会の役に立っていることが、我々情報システムを支える技術者の喜びです。
もう一つ、方式設計の魅力は、お客様が思い描いていることを、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど広い視点からかたちにしていく「ものづくり」であるということ。最初は抽象的で漠然としている要件を、アーキテクチャとして具体化していく過程にやりがいを感じます。
また、方式設計のスキルはあらゆるシステムに共通しているので、あるプロジェクトで習得したスキルを次のプロジェクトで活かすことができますし、経験を重ねるほど実力を高めていくことができます。自分の成長を実感できることもこの仕事の魅力と言えます。

挑み方 あらゆる関係者と個別の対話を積み重ねて最適解を導き出す

最適なアーキテクチャを構築するために大切なのは、質の高いコミュニケーションの積み重ねです。お客様やアカウントマネージャ、プロジェクトマネージャをはじめ、プロジェクトに関わる多くの人たちと、定例会議だけでなく個別に対話を繰り返しながら、最適解を明らかにしていくことが求められます。
たとえばシステム運用時に想定されるリスクには、ネットワークトラブルや自然災害などいくつもありますが、お客様の事業環境やシステム運用方法などを鑑みた上で、どういったリスクが潜んでいるかを見極め、どう対策を講じるべきかを提案していかなければなりません。 そこには技術的な知識だけでなく、言葉の背景まで理解し、見えないリスクを想定する想像力や、多くの人と対話を重ね、様々な視点から全体を見渡し、最適解に落とし込んでいく視野の広さと粘り強さも必要だと考えています。また、プロジェクトを進めていくときは、PDCAサイクルの中で特にC(Check/評価)とA(Action/改善)を徹底して行うことが大切です。
とても難しい仕事ですが、難しいからこそやり遂げたときの達成感は大きいです。

これから ICTのスキルを活かし、企業の経営を支える提案ができる人財になりたい

これまでテクニカルスペシャリストとして経験を積み、サーバ、ストレージ、ネットワーク、クラウドなどに関するスキルを磨いてきました。プロジェクトではテクニカルスペシャリストのリーダーとして責任ある仕事を任せてもらっています。
今後の目標は、身につけてきたスキルを活かして、高付加価値のシステム提案ができるようになること。「高付加価値のシステム」とは、単にお客様の業務に役立つ効率的なシステムを実現するだけでなく、お客様の攻めの経営をサポートできるようなシステムです。
ICTの力でお客様の経営を支えることは、学生時代、企業経営におけるICTの重要性を知ったときからの夢でもあります。そのためにも、お客様の経営をより深く理解し、価値ある提案ができるようスキルを磨いていきたいと考えています。

菅野 翼

大学では経営戦略、特にICTを活かした企業経営を研究した。色々な企業を訪問してインタビューする中でICTの価値を実感したことから、就職活動ではSI企業を志望。日本最大の通信事業者であるNTTグループの中で、ICTの中核部門として情報システムの構築を担うNTTコムウェアの社会貢献度の高さに魅力を感じ、入社を決めた。

学生の皆さんへ

次世代のリーダーとして、一緒に新しいNTTコムウェアを創ってほしい

NTTコムウェアは今大きな変革期を迎えています。長年培ってきた高度な技術力を活かして情報システムを提供していくことに加えて、より競争力のある高付加価値ビジネスを創造していくことが求められています。つまりそこには、社会に新たなインパクトを与えるような大きなプロジェクトに関わるチャンスがたくさんあるということです。高いスキルを持つプロフェッショナルとして、大きなことにチャレンジしたい、戦いたいというマインドのある人に来てもらいたい。そして次世代のリーダーとして新しいNTTコムウェアの創造を牽引してほしいと思います。

04 社員紹介 社員の挑み方 INDEX