NTTコムウェア

0→1で新しいビジネスを生み出す

NTTコムウェアに入社した理由を教えてください。

私が大学院の博士課程に進まず就職したのは、自分の技術が社会の役に立っていることを実感したかったからです。中でもNTTコムウェアに決めたのは、大規模な案件に携われるからでした。入社当初はAS(アプリケーションスペシャリスト)として業務に従事していたのですが、もっとテクニカルスキルを身に付けたいと考えていたところ、TS(テクニカルスペシャリスト)として現職へ異動となりました。

では、現在の仕事内容を教えてください。

ビジネスインキュベーション本部は、新規事業の創出を目指す部署です。営業担当がお客様のニーズを探り、技術担当はそれを実現するための技術調査や検証、最新技術の研究などを行います。

その中で私が携わっているのは、ディープラーニングと呼ばれる機械学習技術です。NTTコムウェアでは既にディープラーニングの技術を活用し、「Deeptector®」という商品を開発しました。「Deeptector®」は画像を元に、ネジの不良品や道路の劣化を見つけ出すなど、これまで目視で行っていた業務を人間に成り代わって行ってくれる優れもの。コストやマンパワーが削減できると共に、人の目では見つけられなかったような精緻な差異も見つけることができます。

池松大志

様々な人たちと調整を図る苦悩と喜び

「Deeptector®」の開発にはどのように携わったのですか?

当社がディープラーニングの研究を始めたのは2013年。この技術の将来性やユニークさに着目した社員が志願して開始しました。見込み通り、ディープラーニングはこの1~2年で急速に注目を集めています。私もほぼ初期の段階から「Deeptector®」の開発に携わってきたのですが、当時、ディープラーニングの技術を使った商品は世の中にほとんどなく、まさにゼロからのスタート。どういう機能を持たせ、どういう操作方法だと便利で役に立つのか、商品化を行うにあたっては苦悩の連続でした。

私はリーダーとして機能の設計などを担当。学会や専門誌などで発表される最新技術にもアンテナを張りながら、企画・開発し、お客様のチェックを受けて、それを修正する、という業務を幾度となく繰り返し、ブラッシュアップを図りました。

中でも特に大変だったのが社内調整です。どうすれば売れるのか。その答えがない中、期日内に納めたい人、納得いくまで開発したい人、売りたい人、という様々な思惑をまとめることに相当苦労しました。しかし、そうした苦労を重ねた結果、「Deeptector®」という一つの商品が結実したことに、言い尽くせぬ達成感と喜びを感じています。

展示会に出展すると「こんなことも出来るとはすごい!」とエンドユーザーの反応は良好ですし、営業やSEに聞くと積極的にお客様へ提案してくれているようで、社内外共にとても評判がいいですね。ディープラーニングの技術を他社に先んじて商品化できたことに優位性を感じますし、何より誇りに思っています。

池松大志

世界で誰もしていないものづくりに挑戦したい

今後の目標をお聞かせ下さい。

私たちが作りたいものとお客様が求めるものは、必ずしも一致しないのも事実です。お客様には、お客様が求める課題解決方法があり、最適なタイミングとコストで実現してこそ、私たちの価値があるのです。それを達成するためには必要な作業の優先順位を見極め、納得してもらえる予算感とスピードで業務を進めることが重要です。同時にお客様と充分に意思疎通を図りながら、アウトプットをブラッシュアップしていかなくてはなりません。作るからには自分がお客様、あるいはその先のエンドユーザーになった気持ちで、誰もが満足のいくサービスや技術を開発したいですね。

また未知の技術にアプローチし、世界でまだ誰もやっていないものづくりに挑戦することは、非常に困難である反面、奮い立つようなやりがいや面白さを感じます。これからもお客様への提案をはじめ、新しいプロダクトやサービスの創出を模索し、NTTコムウェアの事業領域拡大と社会課題の解決に貢献していきたいと考えています。

ONE DAY SCHEDULE
10:00
出社。
メールをチェックし、一日のスケジュールを確認
11:00
チーム打ち合わせ。
進捗状況の共有や今後の方針などを確認
12:00
昼食。
チームメンバーと雑談をしながらリフレッシュ
13:00
関係部署との打ち合わせ資料作成
15:00
新規ビジネス創造に向けた技術検証。
コーディングができる一番楽しい時間
18:30
退社。
日によっては、同期や先輩・後輩と飲みに行くことも

OFF STYLE 池松大志

最近、有給休暇をうまく使って、2ヶ月弱で普通自動二輪車免許を取得しました。 東京近郊では電車移動が多くなりがちですが、バイクがあると行動範囲も広がり、また車とは違う運転の楽しさを味わえます。休日、その日の気分で電車では行きづらい場所へふらっと買い物や観光にいくと、心身ともにリフレッシュできるのでオススメです!

※「Deeptector」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている社名、商品名などは、各社の商標または登録商標である場合があります。