NTTコムウェア

ASからAMへ。自分の適性に気付いた3年目

入社した理由を教えてください。

就職活動中、世の中にはどんな仕事があるのか一通り調べたところ、SIer業界が最も幅広い業界に関わることができ、その中でさまざまな業界の仕事を擬似的に体験できると思いました。中でもNTTコムウェアを選んだのは、活躍している女性社員が多く、ここなら長くやりがいを持ちながら働くことができると思ったからです。

入社後からこれまでのキャリアを教えてください。

入社後の2年間は、アプリケーションスペシャリスト(AS)としてNTTグループ向けのシステム開発に携わっていましたが、3年目に流通・公共領域を中心としたシステム開発を担う現在の部署に異動し、現在は主に流通小売業向けの営業を担当しています。

入社当初、所属していた部署は非常に大規模なシステム開発を担っていたため、100人以上が関わる大規模プロジェクトで、開発のノウハウも確立されていました。それに比べて、現在の部署はNTTグループ以外の新規領域の拡大を目指している組織で、一つひとつの案件に関わる人数は比較的少ないですが、その分、各個人が機動力を発揮して仕事に取り組むことを期待されていると思います。

異動初年度は、アカウントマネージャ(AM)とASの間の位置付けで、先輩のお客様への提案活動に同行し、開発者として提案支援を実施。その中で、先輩がフットワーク良くお客様を訪問し、フランクにお客様とディスカッションしている姿を見て、AMの仕事にぐっと惹かれました。私は、一つのことをとことん深くまで追求する開発の仕事よりも、AMとしてお客様のニーズを捉えて新しい提案を行うほうが性格的に向いているなと気づきました。そこで、上司と相談して、異動2年目からAMとして提案活動を担うことになり、現在に至ります。

山本桃子

AMとしての初めての受注案件で学んだ多くのこと

AMとして自分が大きく成長できたと思えた仕事は何ですか?

AMとして初めて受注した大型案件である、大手流通A社のコールセンターのシステム更改※プロジェクトで多くのことを学びました。この案件は、NTTコムウェアが初期導入時から開発・構築を担っているため、次期更改についてもスムーズに受注できると思われていました。ところが、お客様の経営環境の変化により、そう簡単には受注できない状況に……。この状況は、AM1年生にはとても難しいものでした(苦笑)。というのも、お客様側の関係者も数多い中、誰にどうアプローチすればいいか把握するのも一苦労で、また、システムに関しては当然、社内の開発メンバーたちの方が詳しい中、私が浅薄な知識で方針を打ち出しても開発メンバーがついてこないこともありました。しかしそれでも、次期更改プロジェクトの司令塔としてお客様との最前線に立ち、提案から受注につなげていかなければなりません。

その難所をどう乗り越えたのですか?

提案リーダーとして重要なことは、社内の開発プロジェクトメンバーのモチベーションを上げ、開発側の観点を持った提案・協力を仰ぐことだと考えました。そこで、メンバーが円滑に作業を進めるためにお客様からヒアリングした状況や要望は、すぐに開発メンバに情報共有し、開発側の考えや意見の把握に努めました。その上で、営業・開発の両面の観点を踏まえた最適な提案を意識して、お客様へのご説明を続けました。

自分なりに知恵を絞り懸命に動き回り、提案開始から約1年後にようやく受注できたときはホッと胸を撫で下ろしました。現在は開発中ですが、リリースまで見届けたとき、AMとしての自分の大きな糧になるのではないかと思っています。

山本桃子

目標は、お客様の心をつかめるAMになること

仕事に向き合う中で感じる、NTTコムウェアならでは強みは何ですか?

営業のやり方はアイデア次第。例えば、NTTグループの強みを活かして、グループ会社と協業して提案を行えるのは、NTTコムウェアならではの強みです。NTTコムウェアのSIerとしての強みと、他のグループ会社が持つ領域や強みを掛け合わせながら、提案することでシナジー効果が発揮され、提案の質を上げていくことができます。

その強みを活かして、ご自身はどのような人に成長したいと考えていますか?

先輩のようにもっと自分のアイデアを活かして、お客様に提案活動を行っていけるようになりたいと思っています。それぞれの流儀をもつ先輩たちを見ているととても勉強になります。その中で痛感したのは、お客様の経営課題など大きな視点で話ができるようにならなければ、お客様の心をつかむことはできないということです。例えば、「◯◯システムを導入することで、先々こんな効果が上がる。事業にいい影響を与え、こんなことが起こる」などと、ICTの活用で変わるお客様の未来について一緒に楽しいお話ができると、お客様との距離が縮まり、信頼関係が生まれると思うのです。しかし、それは、お客様を取り巻く経営環境や事業・業務への理解から、課題を解決するための技術まで、多くのの引き出しを持っていないとできません。今はAMとしての引き出しを増やすべく日々修行中です。

ONE DAY SCHEDULE
09:00
出社。
チーム内の朝会に参加し、1日のスケジュール報告を行う
10:00
お客様打合せに向けた事前の意識合わせ
12:00
同僚やチームの先輩社員とともに社員食堂で昼食
13:00
お客様先へ移動
14:00
お客様と現在進行中のプロジェクトについての打合せ
16:00
議事録の作成、打合せ結果について、
プロジェクトメンバーと共有
17:30
帰宅

PRIVATE 山本桃子

毎年、夏季休暇などの長期休みには家族や学生時代の友人と旅行に行き、気分転換をしています。旅行先は、発展途上国が多く、これまでチュニジアやインド、インドネシアなどの旅を堪能。大学時代にスキューバダイビングサークルに所属していたこともあり、国内だと屋久島や八丈島などのリゾートへ行くことも。今年は、「大自然の中で乗馬をしてみたい。満天の星空を見てみたい」と思い立ち、モンゴルに行ってきました。