各職種の紹介

NTTコムウェアではビジネスプロセスに沿って、社員の役割を「7つの人財像」として定義しています。

NTTコムウェアではITスキル標準(※ITSS)に準拠した、技術者の人財タイプ/グレードを認定する独自のスキル認定制度「ComCP(※)」を設け、社員のスキルアップを推進しています。

入社後はAS(アプリケーションスペシャリスト)もしくはTS(テクニカルスペシャリスト)からキャリアをスタートし、2年間の育成期間を通じてプロフェッショナルとして成長するための基礎を身に付けます。その後はAS・TSに限らず、自分が目指す人財像に向かってキャリアパスを築いていきます。

ASとTSにはさらに詳細な専門分野があり、各分野に精通した人財としてミッションを遂行します。

※ITスキル標準(ITSS)はIPA(情報処理推進機構)が定める、各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化した指標であり、産学におけるITサービス・プロフェッショナルの教育・訓練等に有用な「ものさし」(共通枠組)を提供しようとするものです。
※ComCPは情報処理推進機構から認定情報技術者「CITP」企業認定を受けています。

03 職種と仕事 万全のフォーメーションで挑む。 INDEX