ビジネスの流れ

すべてのお客様に価値を提供するため、 ビジネスのはじまりから維持継続まで、一貫して担当しています。

NTTコムウェアのビジネスを一つの大きな流れで見ると、「企画」「営業」「開発」「保守・運用」「研究開発」に分けることができます。それぞれが独立しているわけではなく、どれか一つが欠けてもビジネスは成立しません。共通しているのは、すべてのお客様に最大の価値を与えることを目指している点です。

■ビジネスの流れ

  • 企画フェーズ
  • 営業・コンサルフェーズ
  • 開発フェーズ
  • 保守運用フェーズ
  • 研究開発

企画フェーズ コムウェアのビジネスを導く

「企画」は市場の動きやトレンドを調査・分析して変化を予測し、その中から事業拡大のための戦略を立て、新規分野への進出や既存事業拡大のため、市場ニーズを探っていくフェーズです。
調査・分析した情報を基に、新しいサービスやソリューションを商品化し営業部門へプロモーションしたり、それらの技術の検証を開発部門へ依頼したり、保守・運用部門には運用を依頼するような仕事も行います。重要なのは企画して終わりではなく、企画を実現させるために、関連部門と連携をとり、目指す方向を示し続けることです。
「企画」はNTTコムウェアのビジネスの芽を育てる仕事であり、未来を考え、実現のための方法を探る、いわばNTTコムウェアのビジネスを導く水先案内人なのです。

活躍する主な人財像

SC

社員紹介
  • SC 坂本 なつめ

営業・コンサルフェーズ お客様との信頼の架け橋となる

「営業」はお客様と対話をすることで課題やニーズを発見し、ICTソリューションを提案するフェーズです。 お客様の課題やニーズは日々変化していくため、何度も打ち合わせを行うことで、その時々のお客様に対応した課題やニーズを明確化していきます。単純に要望を聞くだけではなく、お客様の経営状況や事業戦略を考慮し、「お客様にとって本当に必要なことは何か」を徹底的に考え抜き、最適なICTソリューションの提案を行います。また、お客様に提案するだけで終わりではなく、提案受注後には、開発部門のメンバーと計画や進捗管理などの調整を行います。システム導入後もお客様のフォローを続け、想定通りの結果が出ているか、新たな課題はないかなどのヒアリングを行い、開発部門とともに新たな改善案を提案していきます。
「営業」はお客様の成長を加速させることで、お客様との間に信頼関係を構築する重要なフェーズです。

活躍する主な人財像

AM CN

社員紹介
  • AM 青木 桜子
  • AM 橋田 直紀

開発フェーズ ビジネスの根幹を担う

「開発」は、お客様の課題やニーズを解決するための具体的な方法を、システムという形にして実現していくフェーズです。
まずはお客様に提案した内容に沿って、どうすればその提案が実現できるかを考え、設計書という形で作成します。ここでどれだけお客様の考えを反映できるかが、「開発」における成功の鍵となります。次は作成した設計書を基にして、システムの製造を行います。お客様が実際に使用する形として具体化するため、常にお客様の要望を考慮しながら進める必要があります。最後に製造したシステムの試験を行います。あらゆる場合・状況を想定して行うことで、品質が高いシステムの構築を実現します。
「開発」は単にプログラムを組むのではなく、ご要望を持つお客様や、関連システムの担当者、協力会社など多くの関係者との調整を行う必要があり、仕事のフィールドが幅広いのが特徴です。

活躍する主な人財像

PM TS AS

社員紹介
  • TS 菅野 翼
  • AS 高橋 翔太郎
  • AS 鈴木 重貞
  • AS 河野 真衣子
キャリア
  • PM 小林 大祐

保守運用フェーズ いつももっとも近くでお客様を支える

「保守・運用」はシステムの導入から運用・監視・保守までのサービスを提供するフェーズです。
システムは導入すれば終わり、というものではありません。お客様に使っていただき、お客様の課題やニーズを解決できてこそ意味があります。そのためには、絶えず運用が繰り返され、止まらないシステムを実現しなければいけません。
24時間365日監視を行い、運用についてのお客様窓口の役割も担います。また、万が一故障やトラブルが起こった際には、迅速に回復を行い、原因を究明し、開発部門や他部門と連携して再発防止に取り組みます。
システムが止まる、それはお客様のビジネスが停止し、その先のエンドユーザーの生活もストップしてしまう自体になりかねません。絶えずサービスを提供し続け、お客様の信頼を得てまた次のビジネスへとつなげていく、それが「保守・運用」に課せられた使命です。

活躍する主な人財像

TS SM

社員紹介
  • TS 藤村 舞

研究開発 ICTの未来をつくる

「研究開発」は日進月歩で生まれる最先端技術をシステムに応用し、検証を繰り返して、その実用化を目指すのがミッションです。
いわばビジネスの種を探し、使えるものを見つけて、「企画」と連携して育てる仕事です。自社単独の技術開発だけでなく、様々な大学や機関、企業との共同研究も積極的に行っていきます。幅広い研究テーマにおいて高付加価値の技術を数多く確立し、私たちの暮らしをより便利で快適なものに変えていく礎となっています。
NTTコムウェアの事業だけでなく、社会や日常生活にもインパクトを与える技術を生み出していく仕事であり、「研究開発」はまさにICTの未来を担っている仕事でもあります。

活躍する主な人財像

TS

社員紹介
  • TS 宮村 幸祐
03 職種と仕事 万全のフォーメーションで挑む。 INDEX