心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4


NTTコムウェアの研究・開発


NTTコムウェアの研究・開発が描くこれからの未来とは…Research & Development VISION

Read

#01はじめに

NTTコムウェアはNTTグループの大規模基幹系システムの開発を通じて、長年にわたり日本の通信インフラを支えてきました。その中で研究開発部は、高信頼・高性能の大規模ネットワークや大規模システムを実現するための基盤技術に取り組んでいます。特に、システムを操作するユーザーインターフェース(UI)に関しては、MIT(マサチューセッツ工科大学)の石井裕教授と共同で、独創的なUI技術の研究開発にも取り組んできました。

#02注力分野

研究開発部が現在注力している分野は、大きく分けて三つあります。「ネットワーク」および「システム開発」に関する最新の基盤技術の研究、そして、NTTグループの「新サービス」を支える技術の研究です。

  • ネットワーク基盤技術
  • システム開発技術
  • 新サービス技術

注力分野ネットワーク基盤技術

これからのネットワークに求められるのは、スマートフォンなどの多様なサービスに対応可能であることや、災害に強いことです。そうした柔軟なネットワークを実現するために、研究開発部では、SDN*1やOpenFlow*2といったネットワーク仮想化技術をはじめとする「ネットワーク基盤技術」の研究に取り組んでいます。

仮想NW技術(SDN/OpenFlow)

注力分野システム開発技術

お申し込みに対応してサービスを開始したり、お問い合わせに応じて料金情報をお知らせしたりするためのシステムを、オペレーションシステム(OpS)と呼びます。通信事業者のOpSは大規模で、高信頼・高品質が求められます。研究開発部では、そうしたOpS開発の高生産性を可能にする「ソフトウェア工学」技術、および、多くの通信事業者のOpSを矛盾なく効率的に開発するための全体最適設計技術などに取り組んでいます。

ソフトウェア工学的手法(インパクト分析/ドキュメント分析)ライフログ技術(オフィスライフログ/ワークログ)標準化推進(TMForum/EA)

注力分野新サービス技術

研究開発部では、NTTグループが提供するさまざまな「新サービス」を支える技術の研究開発に取り組んでいます。具体的には、スマートコミュニティの実現などを担う「M2M技術」、タブレット等のスマートデバイスを活用した「モバイル系新サービス技術」、BigDataの処理基盤等の「クラウドサービス技術」などです。

M2M技術(遠隔保守/遠隔制御/スマートコミュニティ)モバイル系新サービス技術(イメージベースAR/近接通信技術)クラウドサービス技術(大規模分散処理技術Hadoop/BigData活用技術/BigData基盤技術)

#03先進性

研究開発部の強みは、ネットワークやシステム開発に関する最先端技術にいち早く取り組んでいることです。そして、国際標準・業界標準への積極的な関与によりグローバルでも競争力のある技術確立を図っていることです。こうした先進性は、先に挙げた三つの注力分野にも生かされています。

「ネットワーク基盤技術」に関する先進性

最先端技術であるOpenFlowという仮想ネットワーク技術を、広域ネットワークにも適用可能とする研究開発を行っています。

「システム開発」に関する先進性

通信事業者のオペレーションシステム(OpS/BSS)の国際標準化団体であるTMForum*3でNTTグループの代表として活動し、その成果をOpS/BSSの全体最適設計の検討に活用しています。

「新サービス技術」に関する先進性

「M2M技術」に関しては、東京大学の江崎浩教授が中心となり推進する「東大グリーンICTプロジェクト(GUPT)」と連携して、エネルギー管理の国際標準であるIEEE 1888*4技術の推進に積極的に取り組んでいます。

#04展望

NTTコムウェアは、NTTグループ各社と連携して、豊かな未来を実現する安心・安全・便利な通信サービスやクラウドサービスの提供を、高い技術力により支援・推進していきます。

NTTグループ各社が提供する光アクセスサービスや、モバイル通信サービスなどを支える、最先端のネットワーク基盤技術やシステム開発技術。災害に強く、高信頼・高品質・高性能なネットワークやオペレーションシステムの構築に研究開発の面から貢献します。

また、環境やスマートコミュニティをはじめさまざまな分野でNTTグループが取り組む新サービスについても、新サービス基盤や新サービス向けのオペレーションシステム等の研究開発を通じて、サービス提供への支援を行っていきます。

NTTコムウェアはこれからも
ICTで安心・安全・便利な世界を実現するための
研究開発に挑戦し続けます
CLOSE

Research & Development VISION - NTTコムウェアの研究・開発が描くこれからの未来とは…

テキスト版はこちら

特集コンテンツ

研究分野

BACK NUMBER

ページトップへ