NTTコムウェア

TALK SESSION 社長×若手社員
社長×若手社員
  • Talk Thema
  • NTTコムウェアの今
  • NTTコムウェアの未来
  • 人生の先輩「栗島先輩」に訊きたい!

社会人の先輩として「栗島先輩」に訊きたいこと

紺野
栗島社長は若い頃、どのような目標を持っていて、どのようなビジネスパーソンになりたいと思っていましたか。また、現在目標としていたビジネスパーソンになれていますか。
栗島
社会のインフラを担っているところで、大きなプロジェクトに参画できる。そんな仕事ができると面白いのではないかと思って、電電公社(当時)に入社しました。その後、金融系の大きなシステムに携わり、それ以外でもいくつか社会で実際に利用されているようなシステムに携わることができた。そういう意味では、思っていたような仕事ができたのかなと思います。ところで、紺野さんはどういう仕事がしたいのですか?
紺野
私も栗島社長と同じで、自分が携わった仕事が社会により還元できるような企業を選びました。
栗島
入社してみて、いかがですか。
紺野
NTTコムウェアは若手でも活躍できる場がたくさんあります。今所属している技術企画部でも、先輩社員から新しいことをやってみないかと提案していただき、先輩のサポートを受けながら、新しいことに取り組めており、大きな仕事ができているなと実感しています。
岩本
栗島社長が入社した当時のICT業界はどのような状況だったのですか。
栗島
当時はICT自体がまだまだ世の中に認知されていませんでした。電電公社も、ネットワークの交換機や電柱など幅広くいろんなことを手がけており、ICTそのものは大きな分野を占めておらず、入社した人の中でも人気は低かったです。私も実は交換機屋さんになりたかったぐらいで(笑)。入社当時のことで覚えているのは、研修時に研究所志望の人が、「私は電話機を小さくして時計みたいにしたい」と語っていたことです。30年前の当時、電話は黒くて大きくて、しかも線がついているものだったので、「そんなこと、できるわけないじゃないか」と、私は思ったのですが、今や実現していますよね。30年経つとそれぐらい技術は進化する。これからの20年、30年はもっと大きく変わっていき、私たちの想像を超えるようなことが起こってくるのではないでしょうか。そうした中で、活躍できるというのは非常に楽しいと思うし、ぜひ、皆さんには自分の想いを実現してほしいですね。
社長×若手社員
社長×若手社員 社長×若手社員
高橋
栗島社長のお話を聞いて、ワクワクしてきました。ところで、社長がお仕事をする上で社会人として大切にしていること、経営者として大切にしていることは何ですか。
栗島
さきほど申し上げた、みなさんに求めることと同じで、自ら考えることと、多様性を重視することを大切にしています。加えて、地に足のついた夢を語ることを大切しています。若い頃、営業活動をしていたとき、某コンサルタント会社と競合することがあって、お客様から「NTTは夢がない」と言われたんです。一方、コンサルタント会社は、「夢があるけど、全然中身がない」と。このとき、そのお客様に「NTTは地に足のついた夢を語れ」と言われたんですね。まだまだ実現できているわけではないですが、私たち自身が本当に実現していく夢というのを常に持ち続けていくことが大切だと思っています。
寺岡
具体的に、栗島社長が実現したい夢はありますか?
栗島
AIスピーカーや新しいロボットなどが次々に生まれていますが、今はそれぞれがバラバラに動いています。NTTグループは、それらを共通的にうまくつなげられるようなプラットフォームの構築を目指していかなければなりません。それをNTTコムウェアが牽引していければいいなと思っています。
石丸
ちなみにプライベートな夢はありますか?
栗島
もう少し時間ができたら、乗馬を習いに行って、かっこよく馬に乗って草原を走れるようになりたいです。
石丸
それは楽しそうですね(笑)。最後にこれから入社するみなさんへメッセージをお願いします。
栗島
NTTコムウェアには、自分がやりたいことを自ら取り組むことのできる風土があります。そして自らの成長が、会社の成長にもつながっていくことが実感できる会社でもあります。自ら成長して、世の中に貢献していきたいというチャレンジ精神を持った人に入社していただけると、NTTコムウェア、ひいてはNTTグループ、さらには日本、世界全体を成長させていくことができると思いますので、ぜひ、志のある人にチャレンジしていただきたいです。