SC

サービスクリエータ

テレコムビジネス事業本部
SOソリューション部

久保田 智子

2015年入社
社会情報学部卒

未来のビジネスを創出する。
トライ&エラーを繰り返して
ニーズの本質をつかむ

img

ミッションは新規ビジネスを創出すること

入社からこれまでのキャリアを教えてください。

入社後、NTTグループ向けのシステムの開発業務に参画しました。私は入社当初からお客様に近い仕事がしたいと考えていたこともあり、配属後は私の希望を尊重してもらい、若手ながらもお客様と向き合ってシステムの機能を定めていく要件定義を担当。わからないことは積極的に先輩に訊ね解消しながら、様々なチャレンジをさせてもらいました。
そして入社3年目、新規ビジネスの創出をミッションとする現在の部署の新設に伴い、私はサービスクリエータ(SC)として新しい部署に異動しました。異動前までの業務では既存のシステムがあり、周囲にはプロフェッショナルの先輩たちがいたのですが、新しい部署はゼロからのスタートであり、何をやるかの明確化から取り組む必要がありました。ですが、全員が同じスタートラインに立つということは、挑戦した者勝ちだということ。私は「プロフェッショナルになれるチャンスだ」と意気込んで、新しい部署で挑戦することを決めました。

現在はどのような業務を行っているのですか?

現在は、NTTグループに対するデジタルトランスフォーメーション推進支援、植物工場のプロジェクトなど、幅広い分野の新しい取り組みに挑戦させてもらっています。その中でも特に注力しているのは、NTTコムウェアが株式会社スプレッドと共同で開発に取り組んでいる植物工場「Techno Farm™(テクノファーム)」の栽培管理システムです。「農業×IT」は世界的にも注目されている分野であり、まだまだ発展途中の市場です。当プロジェクトでは、お客様のビジネスに対しての最適解を見つけ出すために、トライ&エラーを繰り返しできるようアジャイル開発を採用しました。私は担当者として市場調査やお客様の要望やフィードバックを基に要件定義に取り組んでいます。
SCとして新規ビジネスを生み出すには、まず市場を知ることが必要です。市場を深く理解しながら、NTTコムウェアのアセットの活用を検討しており「何でもできる可能性がある」という点が難しくもあり、魅力でもあります。

ニーズの本質をつかみ、その先の提案を行う

SCとして大きく成長できたと思えた仕事は何ですか?

現在の部署に異動したばかりの頃、教育ICTのプロジェクトに携わりました。このプロジェクトはNTTグループと合同で行い、授業へICTを導入した学校法人のお客様に対して、生徒がどのように授業に参加したかを分析し、最終的には生徒の成績向上につなげるための実証実験を行うというものでした。教育現場へのICT導入は現在のトレンドになってはいるものの、授業内でのICT活用方法や、データの活用方法に悩んでいる学校法人様が多くいらっしゃるのが現状です。
NTTコムウェアとしても、今後学校法人のお客様にどのような案を提案すべきか検討を行っていたのですが、決定的な方向性が見えず、要件も定まっていない状況でした。

手探りの中、どのように取り組んだのですか?

まずはお客様の要望を引き出すことに注力しました。とはいえ、目に見える「モノ」が何もない状況ではお客様も具体的なイメージが湧かないため、私はいただいた情報をもとに簡易的なモックを自ら作成して、ほとんど毎週のようにアウトプットを出し、お客様からフィードバックを頂くことを繰り返しました。当初はあまり知識がなかったデータ分析についても、他部署の先輩に相談しながら自ら学習し、理解を深めていきました。
ある時には、NTTグループ3社の合同会議で課長クラスが参加する中、NTTコムウェアからは私が代表として提案を任されることもありました。正解が見えない中で試行錯誤するのは苦労しましたが、プロジェクトを自ら進める責任感や、お客様のニーズの本質をつかみ、その先の提案を行う姿勢を学ぶことができ、新規ビジネスを生み出すSCとして大きく飛躍できたと感じています。

市場ナンバーワンのビジネスを生み出したい

今後の目標を教えてください。

現在の業務の難しさは、正解のない仕事に挑んでいるという点にあります。既に存在するニーズに合ったビジネスを創出すればいいわけではなく、常に未来を予測し、戦略をもって仮説・検証しながら、ビジネスを形にしていくことが必要です。トライ&エラーを繰り返しながら少しずつビジネスを育てていくところが難しくもあり、一方でやりがいでもあります。私が今携わっているプロジェクトも、実際ビジネスとしていつ実るのかはわかりません。1年後かもしれませんし、さらに数年かかるかもしれません。過去に提案したサービスが今になって立ち上がってくることもあります。先のことは読めませんが、いつか花開くと考えると今から楽しみです。
SCとしての私の目標は、新規のサービスを生み出すだけではなく、市場でナンバーワンに成長するようなサービスを開発して、大きく世界中に展開することです。そして、私が生み出したサービスによって、新しいマーケット自体も創出したいと考えています。

1DAY SCHEDULE

  • 09:00

    開発チームで進捗会議

  • 10:00

    資料作成、打ち合わせの設定等の調整

  • 12:00

    先輩と雑談しながらランチ

  • 13:00

    お客様と打ち合わせ

  • 15:00

    プロジェクトの要件を整理

  • 17:30

    終業

OFF STYLE

img

私は大学生の頃から、地元のJリーグチームの応援をしています。試合のある時期は、ほとんど毎週のように、スタジアムに足を運んでサッカー観戦をしています。アウェーの試合の時は、地方まで遠征することもしばしば。北海道や佐賀など、応援のついでに観光もできるので、楽しくておすすめです。

※記載されている社名、商品名などは、各社の商標または登録商標である場合があります。

PAGE TOP