NTTコムウェア

技術者座談会 広く、深く、速く、新しい。NTTコムウェアだけの技術力
技術者座談会 広く、深く、速く、新しい。NTTコムウェアだけの技術力
  • Talk Thema
  • 技術者の仕事
  • NTTコムウェアと技術者
  • 未未来を考える

NTTグループの大規模なシステム構築で培ってきた高い技術力、最新技術を応用して最適なシステムを実現する先進性など、
NTTコムウェアの強みを支えているのは、様々な分野の第一線で活躍する技術者たちです。そこで4名の技術者に登場してもらい、仕事のやりがいや技術者に求められるもの、NTTコムウェアという会社の魅力などについて語ってもらいました。

上栗泰一

入社後、NTTコムウェアの社内向けサービスツールの社内電話、社内ネットワークに携わり、構築・運用・保守を担当。2年目からは、NTTグループ/NTTグループ外市場向けのクラウドサービス『Smart Cloud Network』の構築・運用・保守を任される。その後、NTT東日本、西日本向け光設備管理システムのシステム方式を担当。ネットワーク技術を武器に、現在は開発環境クラウドサービスの企画・開発・プロモーション活動に従事。2019年1月、アソシエイト エヴァンジェリスト(DevOps)に就任。

布花原一志

NTT西日本向け、光ブロードバンドサービスのサービスオペレーション管理システムの初期開発・導入を皮切りに、RFIDを利用した在庫管理/入退室管理システムの企画・営業・開発、NTT東日本、西日本向け光ブロードバンドの開通業務プラットフォームシステムの更改開発、SBC(Server Based Computing)システムの新規システム構築、光ブロードバンドサービスの受付業務プラットフォームシステムの更改開発などを経験。現在は、国内最大のNGN(次世代ネットワーク)光ブロードバンドサービスを担う、大規模システムの更改に携わっている。

青木翔

現在はNTTグループに対して、クラウドサービスを活用したシステム開発を行っているが、入社から7年間は、「エンタープライズ」と呼ばれるNTTグループ外企業向けのシステム開発をおもに担当してきた。要件定義が済んだ後、システム構成検討や方式設計を数多く担当し、ハードウェア、ソフトウェアなどに関する幅広い知見を得た。クラウドサービスについての知識は社内でも随一を誇る。

星合拓馬

データマイニングに興味があり、大規模データを扱うNTTコムウェアを志望。入社以来一貫して、データベースを取り扱う現部門で技術を磨き続けている。特にOSS(Open Source Software)である『PostgreSQL』をメインで担当。社内からの技術的な問い合わせ対応やトラブルシューティングを行っているが、扱っている製品がOSSということもあり技術力の向上や、トレンド情報をキャッチアップするために外部のコミュニティにも積極的に参加している。

※記事内容は取材当時のものです。

「技術への熱い想い」土台にあるのは「ものづくり」への情熱。それが、いまの仕事に生きている。

技術者になる前に、私たちが熱中していたこと。

上栗
今回集まった4人は全員技術者なので、もともと「ものづくり」への関心は強かったはずですが、いま手がけている業務もバックグラウンドもそれぞれ違います。まずは、学生時代の話からスタートしてみましょうか。
布花原
私は、高校時代からパソコンを自作したり市販のソフトウェアを活用しており、その当時からICT業界で働きたいというイメージは持っていました。大学では情報処理を専攻し、C言語を使ったフリーソフトウェアの作成や、HTMLやJavaScriptを使ったホームページ作成、MIDIで携帯電話の着メロの作成などをしていました。論文は次世代Bluetoothについて書くなど、幅広く手を広げていた方かもしれません。
上栗
私は高専出身なのですが、布花原さんと同じく、幅広い分野に興味を持っていましたね。システム工学、機械工学、環境工学、電気電子回路、プログラミング…。卒業研究は太陽電池でした。特に興味深かったのはロボット工学で、一時期は本気でガンダムをつくりたいと思っていました(笑)。
星合
私も「いろいろ学べる」ということで高専に進学したのですが、最初にICTに興味を持ったきっかけはゲーム好きだったからです。プログラミング技術があればゲーム開発もできるのではないかと思って。高専では専攻科に進学してテキストマイニングやAndroidアプリの開発を中心に研究していました。
青木
私もオンラインゲームにどっぷりハマっていた時期がありました(笑)。夜中までゲーム三昧で、よく親に叱られましたね。それと、高校生の頃には好きな洋楽歌手のファンサイトを制作したこともありました。日常生活では出会えない世界中のユーザーとリアルタイムに交流したことで、ICTへの興味が深まりました。大学院では、機械学習を利用した音声認識システムを研究しました。
布花原
関心のポイントはそれぞれだけど、本当に「ものづくり」が好きな4人なんですね。

唯一無二の技術と価値がある。だから、NTTコムウェアに決めた。

布花原
いろいろな選択肢がある中で、皆がNTTコムウェアを就職先に選んだ理由は何ですか?
星合
テキストマイニングの研究をして、大規模データを扱うシステムに関わってみたいと思ったことがきっかけです。NTTコムウェアは言うまでもなく、グループ内の大規模システム、大規模データをつねに扱っている企業なので志望度は高かったです。
青木
せっかくICTに携わるなら、影響力が大きい仕事がしたいというのはありましたね。NTTコムウェアでは大学の先輩も働いていて、生き生き輝いていたのも好印象でした。技術者が働く環境としても魅力的だと感じました。
上栗
就職活動では重視していたことの一つが「社会的なインフラに携わりたい」ということでした。日本社会を支えているという自負が持てる仕事がしたいと。電話やインターネットという通信インフラに関わる、責任も影響も大きい仕事ができるNTTコムウェアは、自然と候補の中の上位にあがってきました。
布花原
私は、影響力の大きさへのこだわりはあまりなく、むしろ将来性のある独自技術を持っているところに惹かれましたね。その当時から、NTTコムウェアが取り組むRFIDの近接ネットワークに関する実証実験や、OSS(Open Source Software)の専門部隊などについては知っていたので、技術者として自分の力が磨かれていく場所だと感じました。
青木
技術者にとって「オンリーワン」や「ナンバーワン」の技術に携わることは、永遠のテーマですよね。その意味でNTTコムウェアは、どちらも目指すことができる。NTTグループの一員だからこそタッチできる技術があり、さらにグループ外の企業の課題解決もできる。その時点で、当社は唯一無二の企業だと思います。
上栗
加えて嬉しいのは、その技術の向こう側にいる生活者の数が、とてつもなく膨大だということでしょうね。そこにNTTコムウェアだけが生み出せる価値があると思います。こんな会社は他にはない。規模と先進性、どちらも兼ね備えているICT企業は非常に稀です。学生時代に想像していた以上の技術力の高さ、そして価値の大きさが、ここにはあります。
座談会の様子

いま、私たちが向き合っていること。

青木
皆さんはいまどのような仕事をされていますか?
上栗
現在私は、『SmartCloud DevaaS® 2.0』という、開発環境クラウドサービスのプロダクトオーナーとして、企画、開発、プロモーション活動を担当しています。NTTグループの基幹システムのような大規模開発ではなく、追加機能をどんどんリリースして、ユーザー体験を迅速に取り込めるようなサービスの企画開発です。
青木
記録のためのシステム「SoR(System of Record)」だけでなく、ユーザーとのつながりを構築する「SoE(System of Engagement)」にも積極的に取り組もうというのは、時代の潮流ですよね。
布花原
機動力重視の上栗さんの開発と比べると、私が担当しているのは当社が得意とする大規模で高品質なシステム、いわゆる「カッチカチ」の基幹系システム開発がメインです。クライアントはNTTグループが中心。現在は、NTT東日本、NTT西日本が提供している光ブロードバンドサービスの申し込み、契約の管理をするシステムの更新や保守などを行っています。国内最大のNGN(次世代ネットワーク)である光回線サービスを担う巨大システムなので、影響力も大きいですね。
上栗
それは「カッチカチ」ですね!
布花原
2年半の長期プロジェクトで、協力会社含め400名体制、リリースも3回に分けて行う大きなプロジェクトです。単純なシステム更改の開発だけでなく、維持運用のための業務改善、機能統合、大幅なソフトウェアの変更も伴うので、難易度も高い。私はその中で方式担当として、メンバー15名をマネジメントする役割を任されています。
星合
私の業務は開発者の後方支援です。開発前の相談もありますし、開発中に不具合が起こったり、不明点が生じたりした時に、解析をして問題を特定、改善案を提示するなどサポートをするポジションです。私が担当しているのはデータベース領域なので、データベースのトラブル解決に特化した専門部隊というイメージです。
青木
私がいるエンタープライズビジネス事業本部は、NTTグループ外のお客様のプロジェクトを数多く手がけてきた部署ですが、そこで、方式系案件のプロジェクトマネージャを務めています。私が直近で担当したのは、NTTグループ向け業務用ファイルサーバシステムの構築です。
NTTコムウェアと技術者