NTTコムウェア

技術者座談会 広く、深く、速く、新しい。NTTコムウェアだけの技術力
技術者座談会 広く、深く、速く、新しい。NTTコムウェアだけの技術力
  • Talk Thema
  • 技術者の仕事
  • NTTコムウェアと技術者
  • 未未来を考える

「そして未来へ」事業の幅広さが、技術者としての選択肢の多さになる。

NTTコムウェアの技術者は、「小さな世界一集団」であれ。

上栗
NTTコムウェアには「小さな世界一集団」という言葉がありますけど、やっぱりそうありたいですよね。何かの領域については誰にも負けないものを持つ。それが当社の技術者のプライドだと思います。
布花原
技術だけではなく、それはマネジメント能力でもいいし、人柄でもいいよね。
青木
確かに、いま提供しているソリューションについては、社内で一番理解している自信はあります。中身についても、売り方についても。NTTグループ外にも、NTTグループ内に導入したノウハウもある。そう考えると「世界一」と胸を張ってもいいのかもしれない。
星合
世界一のレベルはいま目指している最中ですが、少なくとも『PostgreSQL』のソースコードが読める人材はまだまだ世の中的にも少ないと思います。以前、「同期の中で一番になる」と宣言したことがあるのですが、『PostgreSQL』に関しては実現できているつもりです。入社前にはデータベースについての知識やスキルはゼロでしたが、がむしゃらにここまで来た感じです。
布花原
正直に言うと、10年前には「小さな世界一集団」と言っても、周囲から認められていない面もあった気がするんですよね。でも、この10年でNTTコムウェアの技術力は飛躍的に向上している。世界的なメーカーから表彰されたり、権威ある賞を受賞したり。その根本には「こんなことがしたい!」という情熱を持った人材が増えてきていることがあると思います。「世界初」という事例も増えているし。
上栗
おそらく、当社では協力会社に指示を出すだけじゃなく、自分たちで手を動かすので力が身につきやすいんだと思いますね。「オンリーワン」や「ナンバーワン」の技術の根底には、実際に「ものづくり」をし続けてきたという揺るぎない事実があるはずです。
布花原
課題解析を協力会社に丸投げせず、自分で解析するから、自分が思っている方向にシステムを変えていける。
星合
確かに、ただ規模が大きいだけじゃなく、大きなシステムに直接触れられるからこそ高度化していく技術はありますよね。
座談会の様子

領域の広さ、深さ、新しさ。この幅の広さが技術者を育てる。

上栗
面白いもので、こうして働いていると、やりたいことって徐々に変わっていったりもしますよね。それもまたこの会社の環境の良さだと私は感じているのですが。
青木
事業領域が多岐にわたっているし、クライアントの数も多いので、アサインされたプロジェクトごとに新しい何かと出会えるのは当社ならではですね。
上栗
異動して新しい技術について学ぶことになっても、その前に培った技術が何かの形で生きてくるというのは何度も経験しています。
星合
開発をすれば、ネットワークやクラウドなど、さまざまな視野が持てる。私のように後方支援をする業務をすれば、ひとつの領域を極めていくこともできる。「新しさ」にも「深さ」にもキャリアの幅があるという意味になりますよね。
布花原
いまのプロジェクトでもハードウェア、ミドルウェア、ネットワーク、セキュリティ、運用監視、と実に幅広いシステム知識が問われています。社内や協力会社、クライアントを巻き込んで業務を推進する能力も必要になる。確固たる技術を持ち、さらに情熱を持って周囲を導けるようになると、本当の「スタープレイヤー」になれるんでしょうね。
上栗
歴史的に、NTTグループの通信インフラを支えてきた実績は大きいですよね。いま私が担当しているICTサービスの提供などは、そうした屋台骨があるからこそできていること。基盤がしっかりある会社だからこそ、新たなステージに挑戦できるのだろうと思います。

それぞれに描く未来。それぞれに求める技術者像。

布花原
今後に向けて、目標や夢はありますか?
星合
「データベースなら星合」と全社から思われるような人材になりたいです。後方支援という立場ですが、待ちの姿勢ではなく、自分から最新技術の調査や検証を行い、社内にナレッジを展開していくことで、NTTコムウェア全体の技術力を底上げしたいです。
青木
世の中にあるさまざまなクラウドサービスを組み合わせて、クライアントの働きやすさを改善し続けるのが私のミッション。私の周りには、同じシステム同じお客様を担当してきた「10年選手」のような先輩もおり、若手を前面に立たせて裏からフォローしてくれます。私もそのような、周囲から信頼され、なおかつ後輩に豊かな経験を積ませられるリーダーになりたいですね。
上栗
「NTTコムウェアだからこそできるICTサービス」をもっと育てていきたいです。独自技術の洗練ですね。クラウドサービスのマーケットには強力なライバルもいますが、『SmartCloud DevaaS® 2.0』をそんな巨人たちと渡り合えるサービスにしていきたいと思います。そのために、自分自身で、NTTコムウェアだからこそできるエンタープライズでの「DevOps」を継続的に体現するように取り組んでいます。まだまだ力不足なので、日々精進です。
布花原
皆さん熱いですね。私はやはり「付加価値」にこだわりたいと思っています。売上の大半を締める大規模システム、レガシーシステムをないがしろにせず、そんな中でも新規技術の活用にトライし続けたい。日々の仕事はたくさんあるので忙殺されがちだけれど、好奇心を持ってチャレンジする気概あるチームがつくりたいですね。
青木
この熱さも、NTTコムウェアの遺伝子かもしれませんよね。
上栗
こうしてお話をして、負けていられないなと思いました。
星合
私は先輩方の考え方や活躍を聞いて、とても勉強になりました。どうもありがとうございました。
一同
ありがとうございました。