NTTコムウェア

TSとして技術・知識を積み上げ、気づいたこと

入社後から携わっている仕事を教えてください。

入社後から一貫して、TS(テクニカルスペシャリスト)として、NTTコミュニケーションズの基幹系システムの開発プロジェクトに携わっています。具体的には、アジャイル開発やDevOpsといった新たな開発手法を取り入れつつ、古いシステムを新しいプラットフォームに乗せ変えていくプロセスを進めています。なかでも私が所属する基盤方式チームは、システム構成の検討等の基盤の設計業務を担っています。

その中で、どう成長してきましたか。

最初はTSではなく、AS(アプリケーションスペシャリスト)からキャリアをスタートしたいと考えていました。というのも、自分はどちらかというと、技術を究めるよりも社内外の仲介役となり、双方とコミュニケーションを取りながらシステムをつくりあげていくAS的な役割のほうが向いていると思っていましたから。

そのため、TSからのスタートと言われたときは 正直戸惑いました。周りは非常に技術知識豊富なベテランばかりですし(苦笑)。1年目は、ICT業界の専門用語が全くわからないところからスタートしました。ですので、とにかくまずは自分の担当業務を責任持って完遂することを目標にして、技術と知識を積み上げていきました。そうしているうちに、TSの仕事はコミュニケーションがとても重要だということに気づき、技術力とコミュニケーション力、どちらも伸ばしていきたいと考えるようになりました。

上野優樹

大切なのは、全体像を可視化し、周りを巻き込む力

どんな場面でコミュニケーションの重要性に気づいたのですか。

1年目にシステムのリリース作業に携わったとき、自分が担当する機能に関連する箇所のみを深堀して準備を行っていました。しかしリリース直前になると、他チームの担当者の方との意識違いが発生し、リリース作業全体の流れを検討し直すことになってしまったのです。この経験から、物事を俯瞰的に見て、関係者と密にコミュニケーションを取り、周りを巻き込みながら業務を遂行することの重要性を学びました。

現在任されている仕事の内容を教えてください。

3年目の現在では、基盤全体を見ながら、関係者の意見や要望をまとめあげ、開発を推進する役割を担っています。基盤方式チームが担っているのは、基幹系システムの土台となる部分。私たちの設計が不十分だと、基盤を利用するすべての他チームに影響が出てしまいます。そのため、他チームとの綿密なコミュニケーションによる意識合わせが欠かせません。同時にお客様の要望を伺い、開発に反映させるのも重要な仕事です。

社内外にわたって、コミュニケーションを取るべき関係者は多数にのぼり、それらすべてを整理し、全員のベクトルを合わせて、全体として高品質のシステムをつくりあげていくのは容易なことではありません。そこで私は、常に全体像を可視化して、課題点を抽出した上で、その課題を解決するためのスキルを持った人を巻き込みながら、一緒に解決して、全体像を関係者全員でつくりあげていくことを意識して、業務に取り組んでいます。

上野優樹

技術力、コミュニケーション力を兼ね備えたリーダへ

仕事の最も大きなやりがいはなんですか。

いろんな方々とコミュニケーションを取りながら、一つの大規模システムをつくりあげていくところですね。その中で大事なのは、相手の人柄や能力・知識レベルも考慮しつつ、一緒に気持ちよく、またモチベーション高く、仕事をやってくれるようにするためにはどんな進め方がいいのかを考えることなんです。例えば、あまりICT知識がない方なら、わかるまで細かく絵を描いて説明したり、逆にチームメンバーが相手なら、技術的な部分を深堀したりして徹底的に議論を尽くします。これって、入社前に私がイメージしていたTSのエンジニアっぽくない仕事だなと思います(笑)。

今後の目標は?

基盤方式の分野はハードルが高いと思われているためか、人材が不足ぎみです。その中でも、技術もわかって関係者間の仲介役もできる人材は特に求められていると思います。だからこそ、もっと実力をつけて、どんな相談を受けたときもしっかり対応できるリーダを目指したいと考えています。

ONE DAY SCHEDULE
09:30
出社。
メールをチェックし、1日のスケジュールを確認する
10:00
お客様との定例打合せ。
訪問あるいは電話会議でほぼ毎日打合せを行う時期もある
12:00
昼食。
先輩や同僚とランチに行くことも
13:00
午前中の打合せで出た課題の解決策を検討
16:00
検討した課題の解決策をチーム内部に展開
17:30
チーム内部に展開した結果を取りまとめて、お客様定例打合せの準備を行う

OFF STYLE 上野優樹

高校時代の友人たちが、しょっちゅう私の家に食べ物飲み物持参で遊びに来ます。他の業界で働く友人たちの話を聞くのは楽しいし、仕事のやりがいや悩みを語り合うと自分も励まされます。真面目な空気でしゃべっているわけではないですけど(笑)。また、会社のソフトボール大会にも参加しています。学生時代、野球部に所属していた私としては、久々に好きなスポーツで心地よい汗を流せるいい機会になっています。