NTTコムウェア

社員インタビュー
ものづくりの本質は、まだ、お客様さえ気づかない課題を見つけ、解決すること。
アプリケーションスペシャリスト 三上梨奈
三上梨奈

積極的にフィールドを拡大している、この場所で。

就職先としてNTTコムウェアを選んだ理由を教えてください

大学では線虫という微生物の遺伝子解析をしていました。いわゆるバイオ領域ですね。もちろん修士に進学するという選択肢もあったのですが、研究の成果が出るまでにはどうしても時間がかかってしまう。もっと率直に、スピーディに世の中の役に立てる生き方がしたいと思い、就職活動に臨みました。SI業界に関心を持ったのは、さまざまなクライアントが抱える、実に多彩な課題を解決できると考えたからです。金融システムのSI・コンサル会社と迷いましたが、ひとつの業界に特化した仕事よりも、豊富な選択肢がある方が良いと思い、NTTコムウェアに決めました。

どのような部署でどのような仕事がしたいと思っていましたか

もうひとつ私がNTTコムウェアに惹かれたのは、NTTグループのシステムを支えてきた豊富な実績があるだけでなく、グループ外に対しても果敢に挑戦をしており、着実にフィールドを拡大している最中だという点でした。もし叶うなら、私も両方のプロジェクトに携わりたいと思っていたのですが、配属された「エンタープライズビジネス事業本部」はまさに「グループ内/グループ外」どちらにもビジネスを展開している部署でした。現在私は、グループ外の広告会社の受注管理システムを開発しています。プロジェクトにアサインされてから、あっと言う間でもう3年になりますね。

三上梨奈

お客様から直接話を聞くことで、要件定義の精度をあげる。

携わっているプロジェクトの概略を教えてください

私が担当しているお客様は、自社媒体を持つ広告会社なのですが、日々、写真やテキストといった広告を掲載する契約手続きをしなければなりません。契約内容、顧客情報、契約金額などを一括で管理できるシステムがあり、その改善を繰り返しています。技術的な知識もさることながら、お客様がどのような業務をしているのか、さらに他にはどのようなシステムと連携しているのか、全体像を把握することも必要です。

ご自身はどのような業務を担当しているのでしょうか

1〜2年目は、いわゆる「製造」といって、プログラミングをガシガシとする毎日でした。3年目になり、一部のシステムを刷新するプロジェクトがスタートし、より上流工程である「要件定義」を任されるようになりました。要件定義のためには、お客様先に常駐し、実際にそのシステムを使っているユーザーの方からヒアリングをすることから始まります。また、この機会に拡充したい機能についても聞き出し、操作画面のデザインについても見直しを図りました。4ヶ月かけて要件定義をした後は300ページを超える設計書の作成、テストの実施、不具合の修正などが続きます。バグを見つけそれを解消する作業は「間違い探し」のようで、スッキリしますね(笑)。システムが完成し、サービスインするまでにはおよそ1年の歳月がかかる予定になっています。

三上梨奈

「本当に」、女性が働きやすい会社なのだと実感。

女性にとってNTTコムウェアはどのような職場環境ですか

就職活動中に、リクルータの女性先輩社員から「女性も働きやすい会社」だと聞いてはいたのですが、実際にどうなんだろう?と思い、入社後改めて聞いてみたところ、社内で開催される産休明け社員向けの講話会を紹介してもらいました。確かに所属部署にもママ社員はいますし、社内には女性管理職の方もいますが、実際に復職直前の皆さんと一緒に制度のことやキャリアイメージについて話が聞けたことで、心の片隅にあった不安はきれいになくなりました。

今後、目標にしていることがあれば教えてください

現在、私はAS(アプリケーションスペシャリスト」という立場ですが、ゆくゆくはPM(プロジェクトマネージャ」になり、開発チームを率いることができるようになりたいですね。開発の面白みは、端的に言えば「ものづくり」の楽しさだと私は思っています。お客様の要望を聞き、お客様さえ気づかない課題を見つけ、それを自らの手でつくりあげていく。カタチになる喜びがある。もはやシステムやアプリケーションは、すべての業界に欠かせない必需品です。入社時に夢に描いたように、さまざまな業界のシステム開発にどんどん挑戦していきたいと思っています。

ONE DAY SCHEDULE
09:30
出社したら、すぐにメールチェック&1日のスケジュール確認
10:30
単体試験工程の進捗確認会に参加
11:00
性能検証の準備作業を行う
12:00
ランチタイム。
ちょっとひと休み
13:00
単体試験項目の作成
18:00
チーム内の進捗確認。
遅れそうなタスクは対応を考え、迅速にエスカレーション
19:00
退社後、バドミントンの練習に参加

OFF STYLE 三上梨奈

会社のバドミントン部に所属しており、積極的に練習に参加し、仲間とともに汗を流しています。土日はもちろん、都合がつく時には平日も。NTTコムウェアの社員だけでなく、NTTグループや他社のバドミントン部とも交流があり、楽しくやっています。毎日にメリハリを持たせるためには身体を動かす時間も大切ですよね。