DevOpsDays Tokyo 2022:パネルディスカッション「DASAアンバサダーセッション ~エンタープライズにおけるAgile,DevOps適応の未来を語る~」に参加

2022/5/19

2022年4月21日(木)、「DevOpsDays Tokyo 2022」において、DASA※活動を推進するIT Preneurs 社の司会で、国内のDASAアンバサダーの方々とのパネルディスカッションが開催され、山田アソシエイトエバンジェリスト(DevOps)が参加しました。

ディスカッションテーマは、「エンタープライズにおけるAgile,DevOps適応の未来」。AgileやDevOpsの導入や推進に課題を感じている方に向けた具体的な方法論をはじめ、DASAが提供する体系的な教育トレーニング内容やコンピテンシーモデルをふまえてAgileやDevOpsの未来について語り合いました。

パネルディスカッションでは、DASAアンバサダーをつとめる小岩井氏、長沢氏、山田の3人のアンバサダーが体験談を交えてそれぞれの持論を展開。アンバサダーそれぞれの経験から感じたDevOps導入や推進の課題や解決方法のほか、チームや組織の体制についても言及しました。また、教育トレーニングやコンピテンシーモデルの具体的な活用方法についても議論が及び、時間ぎりぎりまで活発なディスカッションが行われました。

※DASA(DevOps Agile Skills Association)は、DevOpsおよびアジャイルスキル育成のためのオープンでグローバルなコミュニティ、スキルについてのフレームワークを提供する組織であり、DASAにDevOps関連製品を提供する企業、およびDevOpsの研修やスキル認定などナレッジを提供する企業を中心に北米、中南米、西欧、北欧、東欧、インド、東南アジア、豪州、南アフリカなどのエリアから企業が参加しています。