心をつなぐ、社会をつなぐ

検索 5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4
お問い合わせ

ABOUT

「Infratector® typeC」について

施工検査の検査員には、検査基準に関する豊富な知識が求められます。
施工写真の撮影者には、多種多様な工程の写真を正確に撮影する高いスキルが必要です。
深刻な人材不足による業務の更なる逼迫が課題となる中、
誰でも瞬時に施工検査ができる革新的なサービスが誕生しました。

FEATURE

「Infratector® typeC」の利用イメージ

「Infratector® typeC」は撮影ガイドとAIで、施工検査の現場の課題を解決します。
現場の課題を「Infratector® typeC」導入で解決する例を3つご紹介します。

  • 課題解決01
  • 課題解決02
  • 課題解決03

【撮影ルール通りの写真撮影には習熟が必要】

「Infratector® typeC」の利用イメージ

「Infratector® typeC」の利用イメージ1 「Infratector® typeC」の利用イメージ2 「Infratector® typeC」の利用イメージ3
解決策 01 │ 検査基準にマッチした撮影ガイドで、撮影作業のスキルレス化が可能

【膨大な枚数の写真の目視検査には時間がかかる】

「Infratector® typeC」の利用イメージ

「Infratector® typeC」の利用イメージ1 「Infratector® typeC」の利用イメージ2 「Infratector® typeC」の利用イメージ3
解決策 02 │ 検査員は高精度AIによる自動検査の結果を確認するだけでOK。検査員の負担を軽減

【撮影ミス・施工ミス判明時の手戻りが大きい】

「Infratector® typeC」の利用イメージ

「Infratector® typeC」の利用イメージ1 「Infratector® typeC」の利用イメージ2 「Infratector® typeC」の利用イメージ3
解決策 03 │ AIがその場で施工検査を実施。結果が現場で分かるため、ミスによる手戻りゼロ化を推進

STRENGTH

「Infratector® typeC」が選ばれる理由

施工検査業務へのAI導入は障壁が高く、技術・コスト・納期の面から導入が頓挫する懸念があります。
「Infratector® typeC」は高精度なAIの価値低コストで迅速に提供することで
AI導入の障壁を越え、施工検査業務に変革をもたらします。

技術面の障害 Quality

AIは、屋外で撮影された複雑な背景での物体認識が苦手。また、物体の色や位置関係等の複雑な判断も困難です。

特長1 高精度AIで検査員の代替が可能

独自技術で背景に依存しない物体認識を実現。また、従来は困難だった複雑な条件判定を可能にしたため、検査員が人目で行う判定作業を、AIがそのまま行います。

コスト面の障壁 Cost

AIの開発・導入には多大なコストが必要。また、AIの運用に必要なHW費用が高額な他、AI再学習等の維持コストも高額。

特長2 導入コスト・維持コストが安い

SaaS型での提供により、低イニシャルコストで利用開始が可能。お客様にてAIサーバをご用意いただく必要がないため、低ランニングコストを実現しています。

納期面の障壁 Delivery

AIの学習・チューニングには長期間が必要。更に、完成したAIを業務に適用するまでに何度もトライ&エラーが必要となります。

特長3 スマホにインストールするだけですぐ使える

弊社で準備した初期学習済のAIをすぐにご利用いただけます。短期間で気軽に使い始められます。

FUNCTION

「Infratector® typeC」の機能

  • 撮影ガイド機能

    検査構図に合わせてスマホ画面に撮影ガイドを表示します。ガイドに合わせるだけで、誰でも簡単に検査基準に沿った写真が撮影可能になります。撮影業務をスキルレス化し、撮影ルール指導の手間を削減します。

  • AI機能

    複雑な検査ルールに対応した高精度AIで施工検査を自動化し、施工検査稼働を効率化します。また、即時検査の実現で再撮影・再施工を抑止します。

  • アプリ連携

    お客様の既存システムから「Infratector® typeC」のアプリを呼び出していただくことで、既存の資産を活用しながらご利用可能。現状の業務への影響を抑えつつ、AIを導入していただけます。

※特許出願中

INTRODUCTION

ご利用までの流れ

  • ①お問い合わせ

  • ②ご提案・トライアル

  • ③ご契約・利用開始

  • ①お問い合わせフォームよりご連絡ください。折り返し、弊社担当者よりご連絡いたします。
  • ②本格利用前に、弊社アプリケーションを実際にご利用いただき、効果を確認いただけます。
  • ③ご利用契約後、弊社からInfratector typeCに必要なID等を送付します。
     スマホにアプリをインストールしていただくことで、サービスをご利用いただけます。

QA

よくあるご質問

    検査対象物のラインナップを教えてください。

    通信業界の検査基準に準拠する形で、約40種類の検査対象物に対応しています。
    検査対象物のラインナップは順次拡大予定ですので、お問合せください。

    AIによる検査の精度を教えてください。

    検査対象物等の諸条件によりAIの精度は上下します。
    条件によって、目視による検査と同程度の検査精度を実現している検査構図もございます(弊社開発時の検証実績)。
    また、AIは利用開始後も再学習により継続的に精度が向上して参ります。実際の導入時の精度はトライアルでお試しください。

    サービス提供形態を教えてください。

    「Infratector® typeC」はSaaSとしてのご提供となります。

    利用形態を教えてください。

    お客様がお持ちの(※)AndroidスマートフォンへInfratector® typeC アプリをインストールしてご利用いただきます。
    ※「Android」はGoogle LLC.の商標または登録商標です。

    イニシャルコスト・ランニングコストを教えてください。

    「Infratector® typeC」のサービス利用料はご利用の規模により異なります。
    個別にお見積りをさせていただくので、お問合せフォームからご連絡ください。

    申込からサービス利用開始までの期間はどのくらいかかりますか。

    お客様のシステム環境によって異なります。
    個別に期間のお見積りをさせていただくので、お問合せフォームよりご連絡ください。

    アプリを動作させる端末の要件を教えてください。

    お持ちのAndroid(※)スマートフォンにインストールしてご利用いただけます。
    詳細な仕様はお問合せください。
    ※「Android」はGoogle LLC.の商標または登録商標です。

    利用開始後はどのようなサポートが受けられますか。

    以下のサポートを提供いたします。
    ・本サービスの更新版の提供
    ・電子メールでの技術的問合せへの対応

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ

資料をご覧になりたい方はこちら

資料ダウンロード
  • ※「Infratector」 はNTTコムウェアの登録商標です。
  • ※商品およびサービスの内容は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※その他、記載されている社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。