心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

一人ひとりの街歩きをもっと楽しく快適に Managing Value for Smart World LIKEUP UXエンジン

ABOUT「LIKEUP」について

「LIKEUP」は、ユーザー個人の属性・時間・位置等の情報をもとにニーズや行動を先読みし、
観光/移動/宿泊/買い物/食事のあらゆる場面で最適な情報を提案するサービスです。
個々のユーザーが多様な行動をすることで、混雑ではなくエリア全体の活性化、賑わいにつながります。

サービスの未来構想
※UXとは:ユーザーエクスペリエンスの略称。製品やサービスの利用を通じて得られる体験のこと。

ページトップへ

FEATURE「LIKEUP」の特長

「LIKEUP」は、サービスを提供する側・される側の双方にメリットをもたらします。ユーザーには、地域の人や店舗とふれあいながら、混雑ではなく賑わいを感じる快適な街歩きを提供。店舗からユーザーへの呼びかけより効果的な集客を可能にすると同時に、街の活性化、安心安全な地域を実現。結果的にエリア全体に好循環が生まれます。

サービス利用ユーザー
地域の人や店舗とコミュニケーションをとりながら混雑を避け、より快適で充実した街歩きが可能に。
鉄道・デベロッパー・自治体
一人ひとりの行動変容を促し、人流をコントロールすることで街の活性化と安心安全な地域を同時に実現。
小売・施設等
属性・時間・位置でターゲットを限定したダイレクトプロモーションで、効果的な集客・売上増加を促進。

FUNCTION「LIKEUP」の仕組み

「LIKEUP」の仕組み

特徴1 すぐに使えるエンジン
ユーザーの行動予測に基づいたルールを設定するだけで、すぐに使用可能。膨大な過去データの分析等は不要。
特徴2 既存システムへの組み込み可能
UI・UXを含めたサービス提供と並行して、お客様サービスへの組み込みも想定した、APIによるエンジンのみの提供も可能。
特徴3 学術的根拠に基づくロジック設計
ユーザーの行動変容を促すのに効果的な、ナッジ等の行動経済学に基づいたロジック設計。
(※2020年度実装予定)

ページトップへ

USE IMAGE 利用イメージ

  • 某スタジアム周辺のユーザー属性別導線例
  • 余暇時間を使って「魅力的体験」ができる場所へ出かけたいユーザーの例
効果1 賑わいのある魅力的な街づくり
個々のユーザーの属性/時間/位置等に合わせた店舗・イベント情報を提供。店舗からの呼びかけ等も行い、エリアの賑わいを実現。
効果2 混雑のない安全な空間の提供
各ユーザーに適した周辺情報を提供し、エリア内の人の流れをコントロール。駅や商業施設、街の混雑緩和にも寄与。
効果3 イベント会場でのワクワク感の醸成
会場を訪れているファンに、スポーツチームやイベント関連情報・グッズ情報を提供。イベント会場での充足感が増し、体験価値が向上。

ページトップへ

Q&A よくあるご質問

SaaS型のサービス提供になります。尚、APIによるエンジンのみの提供も可能です。詳しくはお問い合わせください。

以下の内容をご提供致します。
・本サービスの更新版の提供
・障害問い合わせ、その他問い合わせ

サブスクリプション契約となり、月額は100万円〜/エリアです。

当社にて収集する情報もありますが、お客様から提供いただく情報もございます。

申請書を送付いただいてからサービス開始まで45営業日を基本とさせていただきます(利用開始の短縮は別途ご相談させていただきます)。

当社にてフォーマットを用意しております。ヒアリングさせていただいた内容をもとに当社にて作成致します。

ページトップへ

INTRODUCTION ご利用までの流れ

お問い合わせ
下のお問い合わせフォームよりご相談ください。折り返し、当社担当者よりご連絡させていただきます。
お試しトライアル
お客様の利用目的や効果をご確認いただくために、サービスを有償にてお試しいただけます。
ご利用開始
お客様のご利用環境で「LIKEUP」に関する各種情報を設定することにより、ご利用いただけます。
お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ
資料をご覧になりたい方はこちら
資料ダウンロード
  • ※商品およびサービスの内容は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※その他、記載されている社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

ページトップへ