心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

報道発表

「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》を販売開始
〜 フロンティアコンストラクション&パートナーズ株式会社と新築マンション竣工検査におけるAI画像認識技術の有効性を検証 〜

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下 NTTコムウェア)は、「Deep Learning画像認識プラットフォーム」*1 の機能を拡充し、2017年6月30日より《クラウド版》の販売を開始します。すでに販売中の《インストール版》とあわせ、「監視・検閲」「保全・点検」「製品検査」の各分野におけるAI利用をさらに促進します。

 また、このたびNTTコムウェアは、フロンティアコンストラクション&パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松村 力、以下 FC&P*2)と連携して、「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》を活用し、同社の新築マンション竣工検査へのAI導入に向けた実証実験を、2017年7月より実施します。

【背景】

 昨今、インターネットサイト上の不適切なコンテンツの排除のため、監視カメラの映像から異常状態を判断するため、ビルやトンネルや道路など社会インフラの劣化状況の診断のため、製造ラインにおいて稀に発生する不良製品の発見のため など、様々な業種・分野において、それぞれ専門家の「目」が重要視されています。これらに共通する課題として「業務で扱う情報の質の高度化・量の増加に伴い人手が不足する/コストが増加する」「専門家が高齢化する一方で後継者が育たずスキルが継承されない」などが挙げられます。
 これらの解決のためにAIの活用が注目を集めています。NTTコムウェアは「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《インストール版》を2017年3月1日より販売し、AIのビジネス活用を支援してきました。この度、《クラウド版》を市場投入することで、「監視・検閲」「保全・点検」「製品検査」の各分野におけるAI導入のハードルをさらに低くします。

【概要】

「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》サービスの特徴は下記の通りです。

(1)AIをすぐに利用開始できる
インストール作業等は不要で、学習用画像を用意すれば、すぐにAI作成を開始できます。

(2)AI導入のイニシャルコストを削減できる
ライセンス費用のみでAI導入が可能です。ハードウェア・ソフトウェアの購入費、運用にかかる人件費、場所代、電気代等が不要です。

(3)AI利用数を柔軟に変更できる
ビジネス拡大や業態転換などに応じて、必要なAIの処理能力を増減できます。繁忙期/閑散期等の季節変動のある業務の場合、繁忙期はライセンスを追加する/閑散期は利用を休止するなど、柔軟な変更が可能です。

(4)フィールド技術者・フィールドスタッフが現地でAIを利用できる
特に「保全・点検」分野では、その対象となる構造物等を専門家が訪問して業務遂行するケースが多く、AI導入に際しても、訪問先で撮影し、その場で判定結果を確認するニーズがあります。スマートフォンやタブレット等、日常利用する機器のカメラで対象物を撮影し、その場でAI判定結果を得ることで、業務変革を進めることが可能です。

<参考図1>
参考図1


【販売開始日】

 クラウド版 2017年6月30日(金)
 (インストール版は2017年3月1日より販売中)

【実証実験】

 FC&Pの品質検査事業*5には、新築マンション事業におけるデベロッパー・施工会社からの様々な検査依頼があり、高い専門知識と経験を持つ技術者や十分な経験を積んだスタッフにより検査を実施しています。今回の実証実験では、NTTコムウェアの「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》をFC&Pの新築マンション竣工検査の一つである仕上検査 (仕上面各所のキズ・汚れ・他の確認) に適用し、その有効性検証を両社連携して行います。
 FC&Pが仕上面のキズ・汚れ・他の画像群を用意し、NTTコムウェアがその画像群を学習した画像認識エンジンを作成します。学習用画像群とは別の仕上面画像を画像認識エンジンに与えた結果をもとに、専門知識を持つ技術者による検査の精度にどこまで迫れるか確認します。
実証実験の結果をもとに、NTTコムウェアとFC&Pで連携して、仕上検査への「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》の適用可能性の検討を進めていきます。

<参考図2> 「Deep Learning画像認識プラットフォーム」《クラウド版》を利用した仕上検査イメージ
参考図1


【注釈】

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ