心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

各種認証

各種認証

ISO9001

品質マネジメントシステム(QMS)
ISO9001は品質マネジメントシステムの国際規格であり、業務プロセスの維持や改善によって、製品やサービスの質の向上を図るためのものです。

−登録範囲
対象事業:
顧客要求事項に基づく
(1)情報通信システム及びソフトウェアの設計・開発、構築、運用及び保守
(2)情報処理サービスの提供
対象組織等:
ネットワーク事業本部、通信ビジネス事業本部、エンタープライズビジネス事業本部、サービス事業本部、北海道支店、東日本支店、東海支店、西日本支店、九州支店、品質生産性技術本部ネットワークインテグレーション事業部、品質生産性技術本部セキュリティソリューション事業部、総務人事部HCMセンタ、経営企画部広報室CS推進担当、購買部、品質生産性技術本部プロジェクトマネジメント部
−登録日
1997年11月28日
−登録番号
JQA-1997
−認証機関
一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)
−認定機関
公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)

財団法人 日本品質保証機構(JQA) 認証マーク情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)認証マーク

ISO/IEC20000

ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)
ISO20000はITサービス管理の国際規格であり、ITILをベースに作られた英国標準BS15000を国際標準化したものです。

−登録範囲
対象事業:
情報・通信システム(@)、データセンターサービス(A)の運用・保守及びそれに付随する戦略立案、企画、設計・構築のサービス事業に関わるITサービスマネジメントシステム
対象組織等:
サービス事業本部
サービスプロバイダ部
MSP-BU カスタマサービス担当(製造業・流通業、金融業・公共・NTTグループ、社内システム)
MSP-BU サービスSE(流通業)
MSP-BU サービスインテグレーション担当
NW-BU サービスNW(構築担当、COM-NET担当)
NW-BU グループ統合IT-NW(運用業務検討担当)
基盤技術部門(Devaas、SC-RP、DTS、SC-NW・セキュリティ)
ネットワークサービス部
FSC24-BU ITオペレーション担当(ヘルプデスク、サーバ監視)
〔活動範囲:@、A〕
北海道支店 FS部
ハウジングサービス・ホスティングサービス担当
〔活動範囲:A〕
西日本支店 サービス部
ITソリューション担当 ネットワークSC(社内ネットワーク基盤)
〔活動範囲:@〕
−登録日
2007年1月10日
−登録番号
JQA-IT0044
−認証機関
一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)
−認定機関
情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)

財団法人 日本品質保証機構(JQA)認証マーク情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC) 認証マーク

ISO/IEC27001

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)
ISO/IEC27001は情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であり、ISMSは、個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスク評価により必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用するためのものです。

−登録範囲
対象事業:
情報通信システムの戦略立案、企画、設計・構築、保守・運用の総合的なサービス事業
対象組織等:
全社(米国支店を除く)
−登録日
2003年4月14日
−登録番号
JUSE-IR-006
−認証機関
一般財団法人 日本科学技術連盟(JUSE)
−認定機関
情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)

一般財団法人 日本科学技術連盟(JUSE)認証マーク情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC) 認証マーク

ISO14001

環境マネジメントシステム(EMS)
組織や事業者が、その運営や経営の中で自主的に環境保全に関する取組を進めるにあたり、環境に関する方針や目標を自ら設定し、これらの達成に向けて取り組んでいくことを「環境管理」又は「環境マネジメント」といい、このための工場や事業所内の体制・手続きなどの仕組みを「環境マネジメントシステム」(EMS - Environmental Management System)といいます。

−登録範囲
対象事業:
情報システムの戦略立案、企画、設計・構築、保守、運用の総合的なサービス事業
対象組織等:
本社(品川アネックス)ビル、NTT幕張ビル、NTTコムウェア五反田ビル、品川シーサイドサウスタワー、品川シーサイドパークタワー、五反田藤倉ビル、NTTコムウェア札幌ビル(北海道支店)、ポーラ第二五反田ビル7F(東日本支店)、NTTコムウェア三の丸ビル(東海支店)、オーク1番街ビル(西日本支店)、NTTコムウェア弁天ビル(西日本支店)、大博通りビジネスセンタービル(九州支店)
−登録日
2002年6月27日
−登録番号
JUSE-EG-089
−認証機関
一般財団法人 日本科学技術連盟(JUSE)
−認定機関
公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)

一般財団法人 日本科学技術連盟(JUSE)認証マーク公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB) 認証マーク

プライバシーマーク

「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定し、プライバシーマークの使用を認める制度です。

−登録日
1999年5月11日
−有効期間
2019年5月10日
−登録番号
11820039(10)
−審査機関
一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)
−付与機関
情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)

プライバシーマーク

くるみんマーク

次世代育成支援対策推進法
次世代認定マーク「くるみん」とは、2005年4月施行の「次世代育成支援対策推進法」に基づいて、企業が子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その取組内容と成果が基準を満たしている旨の認定を受けたことを示すものです。

当社は、同法に基き策定した「第1次行動計画(2005年4月1日〜2008年3月31日の3年間)」、および「第3次行動計画(2011年4月1日〜2015年3月31日の4年間)」の活動内容が評価され、認定に至りました。(くるみんマークの☆は、認定の回数を表しています。)
2015年4月以降も、次世代育成支援のため、第4次行動計画を策定し、仕事と家庭の両立を図る社員が安心して働ける環境の整備を図るなど、社員がいきいきと働けるよう、積極的に取り組んでまいります。

くるみんマーク

CITPロゴ

認定情報技術者制度
CITPロゴは、情報処理学会により企業の社内資格制度が認定情報技術者制度に適合すると認定を受けたことを示すものです。当社は、 IT スキル標準(ITSS)に準拠した「技術者の人財タイプ/グレードを認定するNTTコムウェアのスキル認定制度」(ComCP制度)を適用しており、「企業認定」の取得と「個人認証」の申請をしています。

−登録範囲
対象組織等:
全社
対象者:
ITSSレベル4(ComCP レベル4)以上の上級技術者
−登録日
2015年5月1日
−登録番号
CA00001
−認証機関
一般社団法人 情報処理学会

一般社団法人 情報処理学会 認証マーク

ページトップへ