心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

ビッグデータソリューション ビッグデータ活用を、多彩な視点からサポート

概要

ビッグデータ活用を推進する仕組み作りをトータルサポートします

豊富な実践経験と専門家集団を持つNTTコムウェアが、コンサルティング、プラットフォーム構築、活用支援まで、お客様のビッグデータ活用をサポートします。

コンサルティング

特長1 情報活用を検討段階からコンサルティング

お客様の課題や活用目的に応じて、NTTコムウェアのコンサルタントが解決の方向性や効果的なソリューションをご提案します。

プラットフォーム構築

特長2 多数の製品から最適な組み合わせで構築

これまで培ってきた多数の構築経験をもとに、製品を組み合わせ、最適なプラットフォームを構築します。

活用支援

特長3 業務への展開まで情報活用を支援

分析結果の業務への展開や、分析で導き出した法則をシステムに組み込むなど、活用段階までご支援します。

ソリューション内容

  • 経験豊富なコンサルタントがお手伝い コンサルティングサービス
  • 豊富な構築実績に裏打ちされた、確かな品質 プラットフォーム構築サービス
  • せっかく導入しても活用できていないこと、ありませんか? 活用支援サービス

ビッグデータ活用の現状と課題

スポーツにおける選手評価や戦略立案、SNSや検索キーワードからの選挙結果予測や、過去の天候データをもとにしたワインのヴィンテージ予想など、これまでは専門家の知見や、職人の勘に頼っていた分野にまでビッグデータが活用されるようになってきました。
「ビッグデータ」とは、文字通りの意味で解釈すれば”巨大なデータ”ですが、それはこれまでにもすでに存在していたものです。
ではなぜ、これほどまでに活用されるようになったのでしょうか?

インターネットやスマートフォンなどのモバイル端末の普及により、位置情報、SNSでのつぶやき、音声、画像などのデータは爆発的に増えました。

さらにそれらの多様かつ大量のデータを組み合わせ、高速で分析・予測することができるようにツールや環境が変化したため、消費者の購買前後の行動パターン、事故や災害の発生時期などこれまで不可能と思われていた大規模なデータ分析ができるようになってきたのです。

例えば流通・小売業者においては、POSデータやSNSのデータなどの様々なデータを複合的に分析することで、顧客の興味関心の変化を早い段階で察知し、新商品の開発や、消費者視点での魅力的な売り場作りに活用されています。

情報技術の進歩にともない急増するデータ

ビックデータがもたらす価値

見えなかったものが見えてくる

顧客の属性や行動履歴データなど、様々なデータと組み合わせることにより、従来隠れていた価値を可視化することができます。

「一歩先」を予測したビジネス

リアルタイムなデータで分析、即座に行動に起こせるため、他社より先行したビジネスが可能になります。

ビッグデータを様々な分野の業務改善に

ビッグデータの活用は、新規事業の創出やマーケティング面における活用だけではありません。
既存の業務の中で抱えている課題を解決するために活用する方法もあります。

ビッグデータを活用して業務改善を図った例

営業・マーケティング

社内に散在するデータを一元化、より深い分析に注力することにより、営業効率を向上させる。

業務管理

従業員の行動やコミュニケーション状況から、組織の最適化ポイントを抽出。

商品開発

ソーシャル・顧客・販売などのデータを統合分析、ニーズに合った商品開発を行う。

例えば、目的の効果を出すために広告費をどう配分して効率化できるか。さらに営業活動や人員配置の効率化にも応用することが可能になっています。

ビッグデータ活用を前進させるために

しかし現実的にはビッグデータの分析や利活用について、「ビッグデータを自社でどう活用すればいいのか」「社内のデータを生かすことはできないのか」「コストに見合うだけの効果が得られるのか」などという声も増えています。
蓄積した膨大なデータを価値あるものに変えたいというニーズがある一方、具体的な方策の立案が容易ではないため、多くの企業がビッグデータ利活用に向けた一歩を踏み出しながらも、なかなか前に進めず試行錯誤しているのが現状といえるのではないでしょうか。

ビッグデータの活用を進める際の問題・課題(複数回答、上位7項目)

SNSなどの新しいデータソースや大量分散処理技術など新技術の活用が求められる中で、ビジネス上の目的の整理から、
目的に沿ったプラットフォームの選定・構築・運用までを自社だけで行うことには限界があります。
他社にさきがけてビッグデータを企業の競争力にしていくために、お客様のビッグデータ活用の課題を解決し、コンサルティング、プラットフォーム構築、活用支援まで、トータルにサポートします。

ページトップへ

NTTコムウェアの信頼性・技術力

NTTコムウェアは、NTTグループの一員として日本の通信技術の発展と変革を支えてきました。
その経験とノウハウを継承する多くの社員が一丸となって、お客様のビジネスの発展と変革を最新の技術でサポートします。

ページトップへ

お問い合わせ

この商品のお問い合わせ

お問い合わせ

  • 製品およびサービスの内容は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 「SmartCloud(スマートクラウド)」は、 NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
  • Twitterの名称およびそのロゴは、米国およびその他の国におけるTwitter,Inc.の商標です。
  • Hadoop、MapReduce、Hive、Mahoutは、Apache Software Foundationの登録商標または商標です。
  • 記載されているシステム名、製品名には、必ずしも商標表示((R)、TM、等)を付記していません。
  • その他、記載されている社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

ページトップへ