COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録
事例紹介:ドミノ・ピザ(株式会社ヒガ・インダストリーズ様)
事例紹介:ドミノ・ピザ(株式会社ヒガ・インダストリーズ様)

情報セキュリティ強化と販売力アップを目指して
「ComTransport」メルマガ配信サービスを導入

1985年、日本初の宅配ピザ「ドミノ・ピザ」を始めたのが、株式会社ヒガ・インダストリーズ様だ。早くからIT導入にも積極的で、他に先駆けてホームページの開設やメルマガの配信、ネット注文の受付、さらにはアフィリエイト・プログラムの提供なども行っている。そのメルマガ配信システムの更改に当たって、このほど導入されたのが「ComTransport」のメルマガ配信サービスだ。今回の導入の経緯やメルマガの活用戦略などについて、株式会社ヒガ・インダストリーズの立島祐記氏と岩崎雅也氏からお話を伺った。

導入検討のきっかけは「個人情報の一元化」

これまでWebをどのように活用してこられたのでしょうか。

立島 祐記氏 株式会社ヒガ・インダストリーズ 管理部 情報システムグループ担当課長

立島 祐記氏
株式会社ヒガ・インダストリーズ
管理部 情報システムグループ
担当課長

岩崎 雅岩崎 雅氏氏 株式会社ヒガ・インダストリーズ マーケティング部 広告販促グループ スーパーバイザー

岩崎 雅氏
株式会社ヒガ・インダストリーズ
マーケティング部 広告販促グループ
スーパーバイザー

当社では、以前からインターネットなどITを積極的に利用してお客様とのリレーション強化や売上増を図っています。宅配ピザ業界のマーケティングでは、現在も新聞の折込広告やメニューのポスティングなど紙媒体が中心的役割を果たしていますが、当社ではWeb媒体の比重を高めていきたいと考えて、さまざまな取り組みを行ってきました。

ドミノ・ピザの販促サイトを立ち上げたのは1997年。同業者はもとより外食業界全体でもかなり早い時期でした。ただし、そのころはまだECサイトとしての機能は持っておらず、情報提供が中心のサイトでした。
2003年にネットから注文を受け付けるECサイトを開設しましたが、このときは他社のプラットフォームを利用していました。しかし、販促プロモーションを行う際などに柔軟なカスタマイズが可能となるよう、翌2004年にはECサイトを自社運用に切り替えました。

NTTコムウェアのサービスについて言えば、2003年からドミノ・ピザECサイト用に「ComTransport」のWeb専用サーバホスティングを利用しましたが、翌年のECサイト自社運用に伴いハウジングサービス(MSP)に移行しました。また、インターネット接続回線にも「ComTransport」のサービスを利用しています。

メルマガ配信も早い時期に始められたそうですね。

メルマガの配信を始めたのは1999年です。まだECサイトも開設していないころですから、基本的にはお客様とのコミュニケーション・ツールという位置づけでした。紙のチラシやダイレクトメールに比べると、メルマガは1通当たりのコストが格段に安く、しかもWebという媒体は大きな将来性を持つと考えていましたから、少ない予算ではありましたが、先進的な試みとして取り組んだのです。 この段階でメルマガがどれくらい売上に貢献したか正確には分かりませんが、その後ECサイトも始まって、メルマガは確実に販売促進のためのツールへと成長しました。メルマガに割引クーポンをつけたり、宅配ピザの注文が増える雨の日に「雨の日メール」【注】を送ったりと、さまざまな工夫を行ってきました。

  • 【注】外部の気象情報サービスが提供する降雨情報から、雨の降っている地域にある店舗を抽出し、
    その配達エリア内のメール会員にクーポンメールを配信するサービス。

そのメルマガの配信システムをこのほど更改されたわけですが、その理由やねらいを教えてください。

大きな理由のひとつは、個人情報保護の問題でした。当社は宅配ピザという業態の特性上、お客様の個人情報を多量に保有しています。当社の場合、数十万件にも及びます。ここ数年、個人情報保護法の全面施行や内部統制の流れなど、個人情報保護・情報セキュリティ強化の必要性が高まってきました。もちろん当社でも、十分な個人情報保護の体制を整えてきましたが、それをさらに万全なものにしたいと考えたのです。

今回の更改前まで、ECサイトは先ほど言ったとおりNTTコムウェアのデータセンタにハウジングしており、顧客情報のデータベースもそこにありました。一方、メルマガの配信は専門のASPサービスを使っていたため、そちらにも顧客情報を預けていました。さらに、PC用のメルマガと並行して携帯電話向けにもモバイルメールの配信を行っていたのですが、それにはまた別のASPを利用している、という状態でした。それぞれのシステムについてセキュリティが確保されていても、情報が分散しているとそれだけリスクは高まりますし、コストもかかる。そこで、顧客情報をできるだけ一元化してリスクを減らしたいと考えたのが、今回のシステム更改のきっかけのひとつです。

もうひとつ、業務効率化というねらいもありました。顧客情報の最新データはECサイトのデータベースにあります。メルマガを配信するつど、その最新情報をメルマガ配信ASPのサーバに反映させなければならないわけですが、その移行処理に手間暇がかかっていたのです。これも何とか自動化できないかと考えていました。
そんなことをNTTコムウェアの担当者に相談したところ、「ComTransport」のメルマガ配信サービスを利用してはどうかという提案をいただいたわけです。

次ページ ECサイトとの柔軟な連携で今後のメルマガ活用に期待

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

よく読まれている記事

よく読まれている記事

  • 週間
  • 月間

1

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様 オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様
オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

2

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは? ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは?
ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

3

事例紹介:株式会社ゆうちょ銀行様 公社時代から続く紙とハンコの文化からの脱却! ~ICカードで勤務時間の打刻、膨大な集計作業からの解放~

事例紹介:株式会社ゆうちょ銀行様
公社時代から続く紙とハンコの文化からの脱却! ~ICカードで勤務時間の打刻、膨大な集計作業からの解放~

4

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様 開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様
開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

5

1

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは? ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは?
ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

2

事例紹介:東京ガス株式会社様 働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

事例紹介:東京ガス株式会社様
働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

3

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様 開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様
開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

4

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性
~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

5

特集:人の思考を目指して開発が進む脳型コンピューター新しいコンピューターの姿を探ってみた。

特集:人の思考を目指して開発が進む脳型コンピューター
新しいコンピューターの姿を探ってみた。

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

統合認証

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ