COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録

この記事のPDFをダウンロードする

12~13型のモバイルノートパソコンを持ち歩き、社内のネットワークと連携して場所を選ばず仕事ができるというのは、はたらき方改革の基本スタイルだ。モバイルノートは多種多様だが、選ぶポイントは「重さ」「バッテリー駆動時間」「セキュリティー」「拡張性」だ。

 「重さ」は電車やバス、徒歩での移動が多い場合に重視したい。最近増えてきた1㎏を切るような軽い製品が持ち歩きやすい。「バッテリー駆動時間」の長さは、電源のない場所で使うことが多い場合に特に考慮したいポイント。バッテリーの消費はパソコンの使い方によって大きく変わるので、カタログスペックの5~6割を実際に使える駆動時間の目安にしておくとよい。たとえば半日(4~5時間)使うならカタログに記載されている値で10時間以上のものが望ましい。

 持ち歩いて外で使うことがあるので「セキュリティー」は特に重要だ。最近は指紋認証や顔認証でサインインできる製品が増えていて、これならパスワード入力を盗み見される心配がない。また、モバイルノートに保存されているデータを暗号化して守るためのTPMセキュリティーチップも備えていて欲しい。

 次にどんな拡張端子を備えているかという「拡張性」も忘れてはならない。たとえばプロジェクターに接続することが多いのなら外部ディスプレー接続端子が必要だし、有線でLANに接続することが多いのなら、LANポートが必要になる。USB接続の変換アダプターを使う方法もあるが、その変換アダプターをオフィスや自宅に忘れてしまうと取り返しがつかない。こうした端子が本体についていると安心だ。マウスやイヤホンといったBluetooth接続のものがある周辺機器は、それを使ってもいいだろう。

 こうした要素を満たす製品を見てみよう。たとえば富士通クライアントコンピューティングの「FMV LIFEBOOK UH-X/C3」は重さ約698gで、13.3型モバイルノートとしては最軽量クラスだ。バッテリー駆動時間はカタログ値で約11.5時間と必要十分。顔認証機能も備える。拡張端子も多く、HDMI出力や有線LANポートなどを備えるほか、今後使うことが増えそうなUSB Type-Cポートを2つ備えている。

214_img01.jpg

富士通クライアントコンピューティングの「FMV LIFEBOOK UH-X/C3」。
700gを切る軽さと高い拡張性を両立しているのが特徴。

 営業などで、少人数で相手側に画面を見せながら説明するような使い方が多いのなら、画面を切り離したり回転させることでタブレットとしてもノートパソコンとしても使える、「2 in 1」と呼ばれるタイプの製品が便利だ。このタイプは、スマートフォンのように画面に触れて操作できるタッチ操作に対応しているので、より直感的な操作や説明ができる。たとえば、日本マイクロソフトの「Surface Pro 6」は12.3型のWindows 10搭載タブレットで、別売のキーボード兼カバーと組み合わせることで、ノートパソコンのように使える。顔認証機能も備えている。

214_img02.jpg

日本マイクロソフトの「Surface Pro 6」と、オプションのキーボード兼カバーの「Surface Pro タイプカバー、指紋認証つき」「Surfaceペン」。タイプカバーには指紋認証機能なしのものもある。

 ⽇本では未発売だが、GoogleのChrome OSを搭載するタブレット「Google Pixel Slate」も、別売のキーボードを取り付けられる「2 in 1」製品だ。起動の速さやAndroidスマホとの互換性、Googleアシスタントの活⽤や2つのUSB Type-Cポートが特徴で、気軽に⼊⼿可能になれば、Googleの各種Webサービスを使うことが多い⼈にとって魅⼒ある存在になるだろう。

 モバイルノートは12~13型ディスプレー搭載製品が多いが、画面が小さいためやや見づらい。外出先で使うことも多いが、オフィスで腰を据えて作業する時間も長いのなら、一回り大きい14型ディスプレーを搭載した製品が見やすく使いやすい。たとえばVAIOの「VAIO SX14」は、14型ディスプレーを搭載しつつ、重さは最軽量モデルで約999gと軽く、持ち運びやすい。拡張性も高く、オフィスや家庭で一般的な15.6型ノートパソコンのように使える。

214_img03.jpg

VAIOの「VAIO SX14」。13型モバイルノート並みのサイズと軽さで、ディスプレーが一回り大きく見やすい。アナログRGB出力や有線LANポートなども備える。

 企業によってこうしたモバイルデバイスの運用ルールは異なるので、それに合わせる必要があるが、最適な一台を選んでほしい。モバイルノートの導入はきっと社員のはたらき方を進化させるだろう。

【 湯浅英夫/IT・家電ジャーナリスト 】

2019/5/24

この記事のPDFをダウンロードする

ビジネスに役立つ情報を メールマガジンのご登録

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

よく読まれている記事

よく読まれている記事

  • 週間
  • 月間

1

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様 オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様
オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

2

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは? ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは?
ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

3

事例紹介:株式会社ゆうちょ銀行様 公社時代から続く紙とハンコの文化からの脱却! ~ICカードで勤務時間の打刻、膨大な集計作業からの解放~

事例紹介:株式会社ゆうちょ銀行様
公社時代から続く紙とハンコの文化からの脱却! ~ICカードで勤務時間の打刻、膨大な集計作業からの解放~

4

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様 開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様
開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

5

1

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは? ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは?
ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

2

事例紹介:東京ガス株式会社様 働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

事例紹介:東京ガス株式会社様
働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

3

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様 開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様
開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

4

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性
~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

5

特集:人の思考を目指して開発が進む脳型コンピューター新しいコンピューターの姿を探ってみた。

特集:人の思考を目指して開発が進む脳型コンピューター
新しいコンピューターの姿を探ってみた。

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

統合認証

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ