COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録
「セルフサービスBI」を活用しスピード経営を実現!
「セルフサービスBI」を活用しスピード経営を実現!

お問い合わせ

経営主導から現場主導へ、拡張するデータ分析の現場

多くの企業が実施してきたデータ分析・活用は、これまで経営企画部門を中心とした「経営主導型分析」で、経営層に向けた受注・売上に関するビジネス指標のモニタリングが主体でした。しかしそれでは、ビジネスの現場が必要とするアプローチ検討やアクション評価などの情報が不足しており、分析に時間やコストがかかるといった、活用や即時性などの面での課題がありました。
そこで、営業部門や商品開発部門などの現場において、身の周りにあふれる情報をもっと手軽にかつ迅速に分析し、変化の激しいニーズへの対応も現場自ら実施しビジネスに活用しようとする「現場主導型分析」の導入が進んでいます。そして対応製品が相次いで登場し、近年にわかに注目を集めているのが「セルフサービスBI(Business Intelligence)」です。

経営主導型分析(従来型BI)と現場主導型分析(セルフサービスBI)

膨大なデータを手軽に高速・多次元分析で活用 ~「セルフサービスBI」とは

「セルフサービスBI」とは、データ分析やITスキルの浅い現場担当者でも、データの取り込みや分析、社内共有を手軽に実現できるツールです。高機能のサーバーを準備しなくても、普段使用しているパソコンにインストールし利用できる製品が登場してきています。顧客情報や売上情報、業務で活用してきた既存情報はもちろん、Web情報、SNS情報などのビッグデータも取り込んで、簡単な画面操作(UI)で分析を行うことができます。また、アクセス速度の遅いハードディスク上ではなく、データをメモリ上で処理するインメモリ機能により、非常に高速な分析処理が可能になりました。
時系列、製品軸、顧客軸など複数の評価軸を組み合わせ、評価軸を切り替えながらの多次元分析が直感的に行えます。また、候補一覧から適したグラフを選択して最適なレポートを容易に作成することができるため、日々変わるデータや企業戦略に対応した分析結果をタイムリーに共有することも可能となります。
このように、現場担当者自身が手軽に分析を行い、業務に迅速に活用するための豊富な機能を持つのが、「セルフサービスBI」の大きな特長です。

セルフサービスBIの特徴

ビジネスのヒントをつかむためのお手伝い ~NTTコムウェアにできること

「セルフサービスBI」はその名の通り、現場担当者自身で手軽にデータ分析を行い、適切な分析結果、アウトプットを得ることに意義があります。データ分析に関する豊富な実績やノウハウを持つ弊社では、お客さまの業務や目指すべき目標(KPI)に基づき見やすく分かりやすい最適なレポートやダッシュボードを作成する支援、データ加工・集計が短時間で済むようなサポートを実施させていただきます。
高度なデータ分析を手軽に実現したい方や、BIツールを使いこなせていない方も、各種システムに散在しているデータを統合するなど、BIツールを利用しやすいようにサポートさせていただきますので、弊社に気軽にご相談ください。

※Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

商品ページ、お問合せはこちら

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ