心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

トピックス

Red Hat Innovation Awards APAC 2018を受賞

2018年11月8日、オープンソースソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat, Inc.(NYSE:RHT、以下Red Hat)主催のRed Hat Forumが開催され、NTTコムウェアはクラウド・インフラストラクチャ部門で「Red Hat Innovation Awards APAC 2018*」を受賞しました。

NTTコムウェアは、DevOpsを推進する開発環境クラウドサービス「SmartCloud DevaaS® 2.0」のクラウド基盤において、Red Hat OpenStack Platformを導入しました。システムの開発にあたり主眼に据えた、運用自動化ならびに、開発環境やツール調達のセルフサービス化、動作状況の可視化を可能にする「ポータル機能」の提供を図る上で、必須の技術要件となるAPI群を内包するRed Hat OpenStack Platformをクラウド基盤に採用。Red Hatソリューションの卓越した革新的な活用法が評価され、受賞となりました。


(左から)
レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月 弘一氏
レッドハット アジア太平洋地域担当 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー
ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン氏
NTTコムウェア株式会社 取締役 ネットワーククラウド事業本部 サービスプロバイダ部長
関 洋介
レッドハット 社長兼CEO ジム・ホワイトハースト氏





受賞の声
取締役 ネットワーククラウド事業本部 サービスプロバイダ部長
関 洋介

「この度、Red Hat Innovation Awards APAC 2018を受賞でき、大変嬉しく思います。SmartCloud DevaaS® 2.0へのRed Hat OpenStack Platformの導入により、グループ企業ならびに、お客様のビジネスイノベーションを促進するサービス提供が実現しました。サービス提供開始から約1年を経て、多くのお客様へ安定した開発環境を提供でき、また、自動化によるサービス提供基盤の運用コスト削減や開発環境の提供のセルフサービス化によるアジリティの向上、また開発期間が短縮した事による作業工数の削減にも繋がるなど、多くの効果を実感しています。」



* Red Hat Innovation Awards APACは、Red Hat Forum APAC 2018のテーマである「Ideas Worth Exploring」に沿って、効率、柔軟性、およびアジリティの向上を目的にオープンソースを活用してITインフラの近代化と最適化を進めている組織を表彰しています。受賞企業は、Red Hatソリューションのデプロイメントによってもたらされるビジネス価値とインパクトに基づいて選ばれました。



【関連リンク】
・レッドハット株式会社 プレスリリース
・SmartCloud DevaaS® 2.0

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ