心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

報道発表

開発環境クラウド『SmartCloud DevaaS® 2.0』
コンテナトランスポーター『DataSkywalker』の提供開始

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下 NTTコムウェア)は、本日より、企業のDevOps*1を推進する開発環境クラウドサービス『SmartCloud DevaaS® 2.0』において、様々なパブリッククラウドへ迅速かつ柔軟なデプロイを可能とするコンテナトランスポーター『DataSkywalker』の提供を開始し、企業のさらなるDevOps化を推進します。

1.背景

 企業のデジタルトランスフォーメーションの進展により、クラウドネイティブなアプリケーション開発のニーズが増加している中、Dockerをはじめとしたコンテナ技術の利用が急速に拡大しつつあります。『SmartCloud DevaaS® 2.0』(以下、『DevaaS® 2.0』)では、企業のDevOpsを実現するコンテナベースの新たな開発環境として金融業界やSI業界などを中心に幅広く利用いただいておりますが、このたび、AWSやAzure、Enterprise Cloudといった様々なクラウド環境へコンテナベースで簡易に環境移行を可能とするコンテナトランスポーター(以下、『DataSkywalker』)の提供を開始します。これにより、アプリケーションの開発環境から運用環境へのポータビリティ性を向上させ、より迅速な運用環境の構築を実現します。


<サービス概要>

サービス概要



2.新たな機能の概要

(1)コンテナトランスポーター『DataSkywalker』の概要
 『DataSkywalker』は、「Push Container」機能、並びに「Pull Container」機能により構成され、コンテナイメージのスピーディーな流通を実現します。
 「Push Container」機能では、DevaaS® 2.0上で開発したアプリケーションをAWSやAzure、Enterprise Cloudなどに対応するDockerレジストリに対し、開発者向けのポータル画面からデプロイ先のURIへ流通することが可能となり、運用環境に依存しないシームレスなアプリケーションの流通を実現します。
 また、「Pull Container」機能では、Docker Hubにて公開されたコンテナイメージを、ポータル画面からのシンプルな操作で、DevaaS® 2.0内へ配備および実行を可能とし、俊敏な開発環境構築を実現します。
 『DataSkywalker』を活用することで、開発者は開発から運用へと至る様々な環境に依存しないシームレスな流通を可能とし、企業のビジネスサイクルの高速化に貢献します。

(2)Web画面試験自動化ツール『FunTest®』の提供
 上記に加え、開発用クライアントツールとして、NTTコムウェアがSeleniumをベースに開発したWeb画面試験自動化ツール『FunTest®』をDevaaS® 2.0上にて提供開始します。『FunTest®』はマルチブラウザに対応し、試験操作の記録および記録した操作を自動実行することができ、試験作業の効率化に貢献します。

3.提供メニュー

別紙参照

4.提供開始日

2018年7月5日(木)

5.今後の展開

 今回の『DataSkywalker』の提供により、パブリッククラウドを含むマルチ/ハイブリッドクラウド環境のユーザに対してもDevaaS® 2.0の利用拡大をめざし、本年度から2020年度までに10億円の売上を見込んでいます。また、NTTコムウェアでは、企業のDevOpsのさらなる普及を図るため、機能の拡充や各種サポートの充実を予定しております。今後、開発用端末として、現在提供中のシンクライアントに加えて、ブラウザ環境だけでコーディングからリリース作業まで実施可能なクラウド型IDE*2の提供を2018年第3四半期に予定しており、ロケーションフリーで迅速な開発を実現可能な環境として企業に貢献していきます。

【商品HP】
https://www.nttcom.co.jp/smartcloud/devass/



【用語解説】

※「SmartCloud(スマートクラウド)」、「SmartCloud」ロゴ、「DevaaS」、「FunTest」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※「Jenkins」は、SOFTWARE IN PUBLIC INTEREST, INCの登録商標です。
※「Git」、「Git」ロゴ、「Selenium」は、Software Freedom Conservancy, Incの登録商標です。
※「GitLab」は、GitLab B.V.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※「Docker」は、Docker, Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※「Ansible」は、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。
※「Elasticsearch」、「Logstash」、「kibana」は、Elasticsearch BVの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※「Apache Ant」、「Apache Maven」、「Tomcat」は、Apache Software Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※「MatterMost」は、Mattermost,Inc.の登録商標です。
※「Artifactory」は、JFrog Ltd及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※「SonarQube」は、SonarSource S.A.及びその子会社、関連会社の商標または登録商標です。
※「Atlassian」、「JIRA」、「Confluence」はATLASSIAN PTY LTD及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※「Microsoft SQL Server」は、米国Microsoft Corporationの商品名称です。
※「Microsoft」、「Windows」、「WindowsServer」、「Windows 10」および「Azure」、「Azure」ロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Windows® 10 をWindows 10と表記しています。
※「Red Hat」は、米国およびその他の国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。
※「PostgreSQL」は、PostgreSQL Global Development Group の登録商標または商標です。
※「CentOS」は、The CentOS Projectの米国及びその他の国における登録商標です。
※「OpenStack」は、OpenStack Foundationの米国およびその他の国における登録商標/サービスマークまたは商標です。
※AWSおよびAWSロゴは、米国および/またはその他の国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の登録商標または商標です。
※Enterprise CloudおよびEnterprise Cloudロゴは、NTTコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
※「Ubuntu」はCanonical Ltd.の登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ