COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録

この記事のPDFをダウンロードする

自分自身のパフォーマンスを最大限発揮するためには、まず体調に気をつけたい。しかしその管理はなかなか難しいもの。思うように睡眠が取れず慢性的に寝不足状態だったり、運動を始めても三日坊主でなかなか続かなかったり…。そんな経験をしたことのある人は、スマートウォッチの力を借りよう。

 体調管理の第一歩は、自分の体を知ること。そこで心強い味方になってくれるのが、スマートウォッチやウェアラブル端末と呼ばれるデバイスだ。時計として使えるのはもちろん、メール通知や着信通知などの機能を備えるがそれだけではない。
 製品によって測定できる項目は異なるが、自分がどれぐらい歩いたり階段を上ったりしたのかの記録、ランニングや水泳などさまざまな運動をしたときの運動量のモニタリング、消費カロリーの測定、心拍やストレスの測定、良質な睡眠が取れているかといった睡眠の記録ができる製品が数多くある。

 自分が運動したときのデータや睡眠の様子などをスマートウォッチで視覚化することで、改善すべきポイントや目標が明確になり、運動や体調管理を続けるためのモチベーション向上につながる。

 スマートウォッチといえばAppleの「Apple Watch」シリーズが有名で、対抗するGoogleもウェアラブル端末関連企業の米Fitbit社の買収を発表したが、今回は多数のメーカーから発売されているそのほかの製品を紹介したい。選ぶポイントは、まず自分が知りたいデータを測定できるかどうかだ。製品によって搭載しているセンサーの種類が異なるので、たとえば心拍を測定したいのなら心拍計を搭載した製品が必要だ。

 防水性能、耐衝撃性能、デザインも重要だ。主に運動するときに身に着けるのなら丈夫で軽量なものがいい。細いバンド型のものやカラフルなものもあり、ファッションアイテムとしても使える。バッテリー駆動時間も重要だ。1〜2日しかもたないものもあれば、1度の充電で1週間以上使えるものもある。

 例えばGARMIN「Instinct」はMILスペック準拠の頑丈さと軽さ、そして長いバッテリー駆動時間が特徴だ。GPS、心拍計、歩数計などを搭載して各種スポーツで活用でき、汚れても水で丸洗いできる。カジュアルなデザインだが、職場によっては仕事の現場で使っても違和感はないだろう。駆動時間は、スマートウォッチモードで最長14日だ。

234_img01.jpg

GARMIN「Instinct」はアメリカ国防総省MIL規格準拠の耐衝撃性能や耐水性が特徴。GPSや心拍計を搭載し、自分が移動した経路をスマートフォンの地図で表示できる。6色のカラーバリエーションがある

234_img02.jpg

スマートウォッチで自分の運動、睡眠、心拍などのデータを記録し、それをスマートフォンでチェックする。自分がどれだけ運動したのか、どんな睡眠を取っているのかなどを視覚化できる

 Polar「Ignite」も、GPSや心拍系を搭載してさまざまなスポーツで活用できる軽量スマートウォッチだ。タッチ操作できる円形のカラーディスプレーを搭載し、表示を切り替えてデジタル時計としてもアナログ時計としても使える。バンドは一般に市販されているものと交換可能で、たとえばアナログ時計表示にして革のバンドを取り付ければビジネスの現場で使っても違和感はないだろう。

234_img03.jpg

バンドは交換可能。運動するときは付属のシリコン製バンドに、仕事をするときは革製のバンドにといった具合に、さまざまな装いを楽しめる

234_img04.jpg

睡眠分析機能や水泳に使える防水性能も備える。Polarはプロのトライアスロン選手も愛好するブランドで、特に心拍計の評価が高い。

スーツにも似合うファッショナブルな製品も

 仕事中も身に着けて自分の体をモニタリングしたい人には、スーツに似合うクラシックな腕時計タイプのものがいいだろう。ソニー「wena wrist」シリーズはその最有力候補だ。時計のバンド部分にスマートウォッチとしての機能を持たせているのが特徴で、ヘッド部分は一般の腕時計そのもの。バンドやヘッドは個別に購入できるが、セットモデルもある。バンドによって搭載する機能は異なり、例えばステンレス製の「wena wrist pro」は有機ELディスプレー搭載で、歩数や消費カロリー、睡眠の状態などの記録ができる。電子マネーの利用も可能だ。駆動時間は最大で約1週間。

234_img05.jpg

「wena wrist pro」はステンレス製のバンド部分にスマートウォッチの機能を搭載する。ヘッドは簡単に脱着できるので、その日の気分によってさまざまなヘッドを付け替えて楽しめる

234_img06.jpg

機械式アナログ時計のヘッドと組み合わせてみた。スマートウォッチとは思えないルックスで、フォーマルな装いにも合いそうだ。シリーズには革やシリコンラバー製のバンドもある

 ここで紹介したもののほかにも多数の製品がある。自分が知りたい項目を測定できる製品を選び、体調管理に役立てよう。体調を整えて仕事に臨めばモチベーションも上がり、自分のパフォーマンスを最大限に発揮しやすくなるだろう。スマートウォッチはその手助けをしてくれる心強い味方だ。

【 湯浅英夫/IT・家電ジャーナリスト 】

2019/11/22

この記事のPDFをダウンロードする

ビジネスに役立つ情報を メールマガジンのご登録

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

よく読まれている記事

よく読まれている記事

  • 週間
  • 月間

1

事例紹介:西日本電信電話株式会社様総務系お問い合わせ業務の効率化に向けて「ヘルプデスクBOT」を導入~課題達成プラスアルファを実現~

事例紹介:西日本電信電話株式会社様
総務系お問い合わせ業務の効率化に向けて「ヘルプデスクBOT」を導入~課題達成プラスアルファを実現~

2

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様 オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様
オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

3

賢いはたらき方のススメ 銅冶勇人さん NPOと株式会社を連携。現地に根づいた循環型ビジネスモデルに

賢いはたらき方のススメ
銅冶勇人さん
NPOと株式会社を連携。現地に根づいた循環型ビジネスモデルに

4

機械学習を学ぶなら、楽しく学びたい ~「AWS DeepRacer」をはじめとした機械学習のトレーニングツールが揃ってきた~

機械学習を学ぶなら、楽しく学びたい
~「AWS DeepRacer」をはじめとした機械学習のトレーニングツールが揃ってきた~

5

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性
~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

1

事例紹介:西日本電信電話株式会社様総務系お問い合わせ業務の効率化に向けて「ヘルプデスクBOT」を導入~課題達成プラスアルファを実現~

事例紹介:西日本電信電話株式会社様
総務系お問い合わせ業務の効率化に向けて「ヘルプデスクBOT」を導入~課題達成プラスアルファを実現~

2

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様 オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

事例紹介:日本カーソリューションズ株式会社様
オートリース業界初、AIを活用した請求伝票確認業務の自動化~「業務代行AI」による業務効率化と新たな企業価値の創造~

3

賢いはたらき方のススメ 厚切りジェイソンさん IT企業も芸人も同じタスク、同じカレンダー、同じ気持ちで

賢いはたらき方のススメ
厚切りジェイソンさん
IT企業も芸人も同じタスク、同じカレンダー、同じ気持ちで

4

 はたらく を助けるデジタルグッズ PCやガジェットをスマートに収納。使い勝手の良いバッグ

"はたらく"を助けるデジタルグッズ
PCやガジェットをスマートに収納。使い勝手の良いバッグ

5

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

MaaS(マース)が移動格差を解消する可能性
~官民連携で進められる新たなモビリティ社会~

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ