COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録
-IDC Security Vision Japan 2020講演- DX、働き方改革を推進するからこそ必要となるIAMソリューション
-IDC Security Vision Japan 2020講演- DX、働き方改革を推進するからこそ必要となるIAMソリューション

この記事のPDFをダウンロードする

2020年11月26日(木)、IDC Japan主催のIDC Security Vision Japan 2020で、ネットワーククラウド事業本部 セキュリティオペレーションセンタ長である野呂昌哉が講演した。

ポイント 1

IAM基盤とは何か?

ポイント 2

ゼロトラストがDXの前提、
IAMもトランスフォーメーションを

ポイント 3

大企業で実績のある
IAMの導入

重要な情報へのアクセス、本当に管理できてますか?
今、「IAM」に注目すべき理由

 DXや働き方改革の取り組みを進めていくことは、論をまたないところであり、非常に多くの企業が積極的に取り組んでいる。多くの課題に頭を悩ませながら進めていくなかで、見過ごされがちなことにIAM基盤の整備がある。

 IAMとは“Identity and Access Management”のことで、IDマネジメントとアクセスマネジメントの2つからなる。IDマネジメントは、「誰に・どのような権限で」情報にアクセスさせるかという、IDや情報システム内のアクセス権限を管理する機能。アクセスマネジメントは、「どのように」情報にアクセスさせるかを管理・制御する機能で、どんな手段でユーザーを本人と認証するのか、どこからのアクセスを許可するのか、どの情報システムへのアクセスを許可するのか、というアクセス制御も担う。

262_img01.jpg

 IAMに関わる業務は、「アクセス権の要求と承認」「アクセス権の設定」「実際のアクセス業務」「レビュー(不適切なアクセスがないかの検証・監査)」「照合(アクセス権が正しく維持されているか等の棚卸)」のステージに分けられる。これらは特別に何か新しいテクノロジーを必要とする業務ではなく、社内システムを用いる業務フローの中では、何らかの仕組みで運用される、手間はあっても日常的な情報システム管理業務であるはずだった。

 しかし、クラウドサービスが普及し様相が変わってきた。情報システムの構造的変化により、IAMの各ステージに負のインパクトが生じてきたのだ。

 すべてを既存のActive Directory認証などのみでカバーすることはできず、システム毎に利用申請と設定が発生することで、「事務手続きが増えた」「設定が複雑」などの負担を感じる企業が増え、ビジネス加速の足かせとなっている。とりわけIDマネジメントの観点では、権限の設定ミス、アカウントの消し忘れがリスク要因となる。アクセスマネジメントの観点ではユーザーが業務遂行のため多くのID、パスワードを自己管理しなければならない状況がリスク要因となる。

262_img02.jpg

「ゼロトラスト」を前提としなければ、
経営者がめざす真のDXは進められない

 DXや働き方改革の時代。ワークスタイルが変化し、クラウドサービスの活用が進むことで、「いつでも、どこからでも、さまざまなデバイスで」情報システムにアクセスできるようになった。これがセキュリティー対策に変化を迫っている。

 これまでの情報システムは社内ネットワークをTrusted、社外ネットワークをUntrustedとする「境界防御」という考え方で保護されてきた。

262_img03.jpg

 しかし、境界防御に基づく保護は限界を迎えつつある。保護すべき情報資産は社内だけでなく社外にも存在するようになり、また、Untrustedな社外からの利用もDXにより求められている。さらにTrustedなはずの社内への侵入という脅威も近年では考慮すべきであり、「すべてをUntrusted」、信頼しない前提とする必要が出てきたからだ。
 これが最近、話題となっている「ゼロトラスト」の基本的な考え方である。

262_img04.jpg

 「ゼロトラスト」ではアクセス元をすべてUntrustedとし、必ず、ポリシー実行ポイントを経由したアクセスを求める。そこでは動的にポリシーの適用が行われ、アクセス元やアクセス先のリソースに対して必ず検証が行われる。そしてアクセスの可否が決められる。

 しかし、従来の「境界防御」から「ゼロトラスト」への移行はたいへん難しく、情報システムが多い大企業ほどその難度は上がる。理由は、抜本的な見直しが必要であり、単純なソリューションの導入で実現できるものではないからである。そのため、「ゼロトラスト」の実現には段階的な移行が必要である。

 これらを踏まえ、内閣府IT総合戦略室出典のディスカッションペーパー「政府情報システムにおけるゼロトラスト適用に向けた考え方」を参照すると、ゼロトラストのアーキテクチャの構成要素であるID管理システム、アクセスポリシー、ユーザーアクセス状況が、IAM基盤の整備によって可能となることがわかる。したがって「ゼロトラスト」をめざすには、まずIAM基盤の整備をお薦めしたい。

262_img05.jpg

次ページIAMのトランスフォーメーションとは?

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ