COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録

Smart Data Fusion 活用事例-- デジタルツインで進化したエネルギー設備管理

285_img07.jpg

和田志織
NTTコムウェア株式会社
ビジネスインキュベーション部
プロダクト創出部門 スペシャリスト
Smart Data Fusion担当


bnr_pr_sdf.jpg

SmartDataFusionのHPはこちら

和田(スペシャリスト)は、Smart Data Fusionのアプリケーションの活用事例を紹介した。
ひとつめは、Smart Data Fusionのエネルギー分野での活用ケースだ。

大型風車の点検業務をドローンによる空撮で実施。高所での危険作業を自動化するとともに、空撮で得られた新たなデータやセンサーからのデータ、既存の設備情報をSmart Data Fusion上で統合。
広域に配置される風車など一連の風力設備群が可視化されたデジタルツイン空間上で、画像データの中から傷などの不具合事象や劣化事象を、点検者が診断した結果として蓄積・学習させることで、新たな不具合もAIで診断可能になる。
詳しくは、実際の風力発電設備で実証されたこちらの動画をご覧いただきたい。

285_img10.jpg

Smart Data Fusion 活用事例--オフィス設備管理もデジタルツインで進化する

ふたつめは、オフィスでの活用ケースだ。

スマートシティ分野への応用を視野にいれた次世代オフィスの実証実験で、オフィス内にNTTコミュニケーションズのThings Cloud (www.ntt.com/business/services/ai-iot/iot/things-cloud.html) と連携するさまざまなセンサーを設置し、Smart Data Fusion上でデータを統合。
デジタルツイン上での設備単位や導線レベルでの利用状況の可視化をたった2日間で実現した。
詳しくはドローンやセンサーを実際にオフィスに配置したこちらの動画をご覧いただきたい。

285_img11.jpg

Smart Data Fusionのプリセットアプリケーションは「デジタル台帳」相当の機能をカバーしているが、その先ではスマートワールドの実現を視野に、新たな設備投資など重要な意思決定や、発電設備など大型で重要な設備の配置計画の策定支援などに取り組むことも見据えている。
また、協業の引き合いも多い本プロダクトの成長とともに、Smart Data Fusionへのデータの蓄積がさらに進み、AIが育つことで、データの価値がより一層高まることを期待している。

スマートワールドを実現する未来へ – ノウハウデジタル化とデジタルツイン

現在、設備点検業務は高度なスキルが求められる高所作業、難作業があり、人材不足が慢性化している。
そして、一部の人材にノウハウが蓄積し、共有されることなく属人化していくという大きな課題に直面している。特にノウハウの属人化については早期にノウハウを抽出し、デジタルに取り込むことが急務とされるが、Smart Data Fusionでは、設備の損傷検知ノウハウをデジタルツイン上でAIに継承・デジタル化することで業務のサポート・平準化が可能だ。

NTTコムウェアは、グローバルな産業用SaaS企業であるCognite社の提供するソリューションを活用し、共に成長していくことで、今後ますます重要になるインフラメンテナンスのDXを推進していく。そして、さまざまな社会課題を解決し、スマートワールドの実現やカーボンニュートラル達成に貢献していきたいと考えている。

2021/11/12

  • ※ 商品およびサービスの内容は、予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※ 「SmartMainTech」はNTTコムウェア株式会社の登録商標です。
  • ※ 「Things Cloud」はNTTコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、記載されている社名、商品名などは、各社の商標または登録商標である場合があります。
  • ※ 所属部署、役職等については、取材当時のものです。

この記事のPDFをダウンロードする

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ