心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

お知らせ

「健康経営優良法人制度(ホワイト500)」に2年連続認定

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下、NTTコムウェア)は、経済産業省が進める「健康経営優良法人制度(ホワイト500)」に、優良な健康経営を実践している企業として2年連続で認定されました。

 NTTコムウェアでは、心の病の発症防止・早期対処のためのメンタルヘルス対策に加え、健康診断結果に基づく保健指導や生活習慣病等、疾病の発症・重症化予防を図るため、社内の健康管理スタッフと連携し指導を行うなど、社員の心身の健康保持増進に努めております。

【主な取り組み】
 ・ 疾病の早期発見・対処に向けた健康診断の完全受診及び受診後のフォロー、特定保健指導の実施完了率向上
 ・ 各種階層別等メンタルヘルス研修の実施
 ・ 長時間時間外・深夜労働に対する社内注意喚起、長時間時間外労働者への健康管理スタッフによる個別面接指導徹底

 今後も、健康増進施策にあたっては健康保険組合と連携し、社員が退職後も含め生涯元気で活躍できるよう、働き方改革とあわせて健康経営の実践に積極的に取り組んでまいります。

■健康経営優良法人認定制度とは
 地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。
(経済産業省ホームページ:健康経営優良法人認定制度抜粋)

健康経営優良法人制度(ホワイト500)

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ