心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4



報道発表

2006.11.07

既存PCをシンクライアント化して利用できるソフトウェア「コムウェアシンクライアント」を販売開始
?段階的なシンクライアント導入を検討されている企業に最適?

 NTTコムウェア株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:今井 郁次、以下 NTTコムウェア)は、11月7日より、既存PCをシンクライアント化する「コムウェアシンクライアント」の販売を開始します。「コムウェアシンクライアント」は、ノベル株式会社(本社:東京品川区、代表取締役:堀 昭一、以下ノベル)の「Novell Linux Desktop9、以下NLD9」をベースに共同開発したものです。


背景
  •  日本版SOX法、新会社法、個人情報保護法などにより、企業ではセキュリティ対策や内部統制を実現するシンクライアントへの期待が高まっています。クライアント端末にデータの保存機能を持たないため、顧客情報など企業内データの情報流出防止に有効です。また、PC端末の運用・管理コストの削減にも寄与することから企業の関心が高まっており、導入検討やトライアルをサポートするソリューションが求められていました。
     さらにクライアント端末については、データの保存、データの取り出しに対するコントロールやウイルスに対するセキュアなOSの実現や、「データの社外持ち出し」に対する課題の根本的なソリューションが望まれていました。
概要
  •  「コムウェアシンクライアント」は、デスクトップLinuxとしてのビジネス領域において、その実績を積み、ビジネスサポートを保証しているノベルの「NLD9」をカスタマイズしたソフトウェアです。NTTコムウェアでは約1年間NTTグループでのトライアルを行い、改良を経て実用性、信頼性を高めてきました。
     既存PCを利用することができ、OSレベルでよりセキュアなシンクライアント環境を実現します。さらに、シンクライアント化への検討、トライアル、導入の過程では、端末の入れ替えなどにかかるトータルコストも抑えることができ、移行への検討過程の各段階をサポートする実用性を兼ね備えています。

  • ●CD-ROM、USBタイプ
     PCにOSの新規インストール等を必要とせず、既存のPCをUSBやCD-ROMから起動することにより、シンクライアント環境を実現できます。既存のPC環境を変更する必要がないためシンクライアントの利用を終了すれば、通常使っているPCに戻ります。手軽にシンクライアント・システムの導入検討やトライアルを行うことができます。
     また、自宅PCを本ソフトウェアで起動して、VPN(仮想専用線)接続を利用すれば、個人のPC環境とは隔離されたシンクライアント環境で会社へのセキュアなリモートアクセスが可能となり、かつ会社データを自宅PCに残すことがないため、「データの持ち出し」に対する課題の解決が可能です。

  • ●HDタイプ
     USB内のシンクライアントOSをHDにインストールすることで、HDを初期化した上で、PCをシンクライアント化できるため、シンクライアント・システムの組織的な導入時に利用できます。またOSやデータのHDへの書き込みを禁止していますので、USB、CD-ROMタイプと同様に企業内データをクライアント端末に保存することはできなくなり、デスクワークもリモートワークもセキュアに行うことが可能になります。
今後の展開
  •  NTTコムウェアでは、デスクトップのセキュリティ統制に関して、アカウント管理の統合化、端末データの一元化、データに対するアクセス権の厳格化を実現するとともに、デスクトップ環境のオープン化に対応し、WindowsデスクトップとLinuxデスクトップを サーバにハイブリッド統合した大規模IT基盤ソリューション「Managed ubiquitous work place & data(仮称)」の展開 を予定しています。
価格
  •  オープン価格
お知らせ
  •  出荷開始を記念して、2006年12月20日まで、CD-ROM版を特別価格で次の代理店から販売します。

    丸紅インフォテック株式会社
    ぷらっとホーム株式会社

※ 記載されている会社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。


このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ