心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4



報道発表

2008.06.24

NTTコムウェア、「東京データセンター」を大規模増床
? 山手線徒歩5分圏内で最大規模の7,000?u増床 ?

 NTTコムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本 迪雄、以下 NTTコムウェア)は、JR山手線最寄り駅から徒歩5分のNTTコムウェア「東京データセンター」の7,000?u増床に着手し、2008年11月よりサービス提供を開始します。今回の増床では、グリーンITを追求し(PUE目標値1.3(*1))、キャリアグレード(通信事業者利用レベルの耐災性やセキュリティーなど)のデータセンターサービスを、お客様のご要望に合わせ、ご利用しやすい価格にて提供します。


背景
 NTTコムウェアはこれまで、NTTグループの通信インフラや基幹システムの構築・監視・保守・運用で培った技術・ノウハウをもとに、耐災性・信頼性の高いデータセンターサービスを東京、埼玉、大阪、京都の4拠点で展開してきました。現在も、事業継続、内部統制の強化にともなうITアウトソーシング需要の高まりから、データセンターの利用者ならびに利用スペースは増加の一途をたどっています。そこで、特に拡大する都内のデータセンター需要に対応し、「東京データセンター」の増床に着手しました。

「東京データセンター」の立地と利便性
 NTTコムウェア「東京データセンター」は、東京都都市整備局が実施する「地震に関する地域危険度測定調査(第6回)」(*2)において最も良い評価の「危険性の低い:ランク1」のエリアに位置し、JR山手線・地下鉄線最寄り駅より徒歩5分、主要幹線道路からもすぐの好立地条件です。また、近隣には宿泊施設、コンビニエンスストアも所在しており、ご利用されるお客様にとって大変利便性の高いデータセンターです。

地球環境と、高密度・高発熱機器への対応
 NTTコムウェアでは、データセンターの電力利用効率の向上(5年後のPUE値1.3)を目指し、NTTグループとして取り組む「高電圧直流給電技術」への積極的な対応をはじめ、2007年より参画しているデータセンターの省電力化を推進する非営利団体「グリーン・グリッド(The Green Grid)」への活動を通じ、今後更なる地球環境への負荷低減に取り組みます。
 その上で、大規模な需要と、ブレードサーバーなど高密度・高発熱機器の収容要望にも応えていくため、これまでの設計・運用実績を活かしながら、NTTファシリティーズなどパートナー各社のベストプラクティスを採用し、低コストかつ高効率の冷却と電力供給を実現します。

アウトソーシングへの対応
 ミッションクリティカルな通信インフラを支えてきたNTTコムウェアの豊富な経験と実績をもとに、24時間365日、お客様の大切な情報ネットワーク&システムの監視・保守・運用を実現するIT運用管理アウトソーシングサービス「FSC24」を提供しています。ITIL(*3)をもとに作られたITサービスマネジメントの国際規格「ISO/IEC20000」の認証を取得するなど、更なるサービス品質の向上、お客様からの信頼向上に努めています。


本発表にあたり、以下のエンドースメントを頂戴しています。

共にグリーン・グリッドに参画し、データセンタービルの設計、構築、保守・運用、管理を一元的に実施するNTTファシリティーズより

 NTTファシリティーズは、積極的に地球環境への負荷低減に取組み、その上で更なるサービス品質の向上を目指すNTTコムウェアに賛同致します。
 年々増加し続けるIT機器の消費電力に対して、地球環境に配慮した設備及びエネルギーに対する要求が高まっています。弊社は、国内のデータセンター環境構築の30%以上に携わってきた実績をもとに、高信頼で地球環境に配慮した省エネルギーなデータセンターの環境構築・運営をサポートしてまいります。

株式会社NTTファシリティーズ
取締役 データセンター環境構築本部長
小泉 泰之



用語解説
*1「PUE」:
Power Usage Effectiveness。データセンターの電力利用効率を示す指標で、1に近づくほど効率が良い。 PUE=(データセンター全体の消費電力量)/(データセンター内のIT機器消費電力量)

*2「地震に関する地域危険度測定調査(第6回)」:
東京都都市整備局が2008年2月に公表した、東京都内市街化区域にある5,099の町丁目について、地震に関する危険性を、建物の倒壊及び地震による火災について測定し、総合危険度として相対的に評価したもの。ランク1は、「危険性が低い」として最も良い評価(5段階評価)。

*3「ITIL」:
ITサービスマネジメントのベストプラクティス集(Information Technology Infrastructure Library)。英国及びその他の国における英国政府OGC(Office of Government Commerce)の商標又は登録商標。

※FSC24はNTTコムウェア株式会社の登録商標です。

※その他、記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。


関連リンク

データセンター

FSC24



このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ