心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4



報道発表

2009.07.07

柔軟かつ効率的なクラウド・サービスを実現する
NTTコムウェアの「SmartCloud(スマートクラウド)」

 NTTコムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本 迪雄、以下NTTコムウェア)は、キャリアグレード(*1)× グリーンなデータセンターと、ITIL®(*2)ベースのシステム運用を基に、柔軟かつ効率的なクラウド・コンピューティング環境(*3)を実現する「SmartCloud」を順次提供していきます。


背景と取り組み
 国内の情報通信分野においては、通信インフラの進化によりICT(*4)の利用形態も多様化し、市場環境・市場構造も大きく変化しています。その反面、2008年度下半期からの景気後退の影響により、ビジネス環境も急激に変化が生じ、企業は“コストの削減”“ビジネスの即応力”“ITガバナンスの強化”などを強く求められています。
 こうした市場背景の中、NTTコムウェアでは、これまでのICTアウトソーシング事業の実績を活かし、企業経営におけるコスト、スピード、ガバナンスの最適化を支援する次世代データセンター・ソリューションを検討してきました。
 現在は、社員の約6割と協働者を含む3,600アカウントを収容するデスクトップサービス(シンクライアント)など、社内システムの「SmartCloud」への移行を進めています。その実績を基に、今年度内、デスクトップサービス(DaaS *5)を皮切りとして、エンタープライズ・クラウド(*6)サービスを順次提供し、2012年度には500億円の売上を目指します。

SmartCloudコンセプト概要
 NTTコムウェアでは、これまで国内最高レベルのPUE値(*7)を目標に、環境に配慮したデータセンターと、ISO/IEC20000の認証(*8)を取得した高品質なITサービスマネジメントを提供してきました。「SmartCloud」では、それらの実績を基に、標準化、統合化、仮想化、自動化などの構築・運用技術を組合せ、エンタープライズ向けに、ICTリソース(サーバーやストレージ、ネットワークなどの情報通信資源)を、柔軟かつ効率的に利用できるクラウド・コンピューティング環境を実現します。また、システム特性やライフサイクル、サービスレベルに合わせて、利用形態を選択できるハイブリッド型のソリューションとして、お客様のICT戦略にあわせた最適な利用形態を選択頂くことで、経営課題を解決します。

SmartCloudのサービス提供イメージ
 「SmartCloud」は、ネットワーク(クラウド)の先にあるICTリソースを必要に応じて利用できるIaaS(*9)です。利用形態(所有/利用、専用/共用、物理/仮想、サービスグレードなど)に応じて、各種サービスラインナップから、必要なサービスやグレードを選択頂けます。また、“デスクトップからサーバー”、“Webシステムから基幹システム”までをサポートし、クラウドとハウジング間の移動や需要変動への対応も可能にします。

SmartCloudの特長
・信頼性とサービスレベルを確保したエンタープライズ・クラウド
・ビジネス環境の変化に応じ、必要な時に必要なICTリソースを利用可能
・デスクトップからサーバー、Webから基幹システムなどICT基盤の最適化を実現
・ICT基盤における運用の見える化、サービスレベルの最適化を実現
・ICT基盤の最適化による、さらなるグリーンITを実現
・システムの移行と運用を、NTTコムウェアの実績に裏付けされたノウハウで実現

≪参考資料≫

イベントのご案内
 「SmartCloud」について、2009年7月16日開催のエンタープライズ・クラウドフォーラムならびに、2009年7月30日・31日開催の第6回itSMF Japanコンファレンスにてご紹介予定です。

用語解説
*1 キャリアグレード:
通信事業者利用レベルの耐災性や品質、信頼性、セキュリティレベルなど。
*2 ITIL®:
ITサービスマネジメントのベストプラクティス集(Information Technology Infrastructure Library)。英国及びその他の国における英国政府OGC(Office of Government Commerce)の商標又は登録商標。
*3 クラウド、クラウド・コンピューティング:
ネットワーク経由で情報サービスを提供する形態。オンデマンドに対応するなど定義は様々。
*4 ICT:
Information and Communication Technology。情報通信技術。
*5 DaaS:
Desktop as a Service。デスクトップ環境をネットワーク経由で提供するサービス。
*6 エンタープライズ・クラウド:
クラウド・コンピューティングのメリットを活かしつつ、企業の利用に対応したクラウド。
*7 PUE値:
Power Usage Effectiveness。データセンターの電力利用効率を示す指標で、1に近づくほど効率が良い。 PUE=(データセンター全体の消費電力量)/(データセンター内のIT機器消費電力量) NTTコムウェアの目標値は1.3。(日本の平均は2.2(JEITA調べ))
*8 ISO/IEC 20000:
国際標準化機構(ISO)が作成した、ITILを基に作られたITサービスマネジメントの国際認証規格。
*9 IaaS:
Infrastructure as a Service。ICTリソースをネットワーク経由で提供するサービス。
※SmartCloud(スマートクラウド)は、NTTコムウェア株式会社の商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。
関連リンク

「SmartCloud(スマートクラウド)」


このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ