心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4



報道発表

2010.07.14

堅牢かつ柔軟なクラウド・サービス
「SmartCloud Resource Pool」「SmartCloud Desktop」の提供開始について

 NTTコムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本 迪雄、以下NTTコムウェア)は、企業が求める信頼性、セキュリティ、サービスレベル、運用の見える化を実現するエンタープライズ・クラウド「SmartCloud」の第一弾として、柔軟かつ迅速にICTリソースを提供する「SmartCloud Resource Pool」と、シンクライアント環境を提供する「SmartCloud Desktop」を2010年7月15日より提供開始します。


【SmartCloud Resource Pool:ICT基盤サービス】
 ビジネスや情報システムのライフサイクルにあわせて、可用性の高いICTリソース(サーバー、ストレージ等)を月単位で利用・増減できるIaaS型(*1)のサービスです。

(1)特長
 エンタープライズ向けの信頼性、セキュリティ、運用
 ・仮想サーバーはHA機能(*2)により、コストを抑えて高可用性を実現
 ・弊社国内データセンターのマルチサイト利用(*3)により、事業継続性を向上
 ・専用線をはじめキャリア各社の各種ネットワークと接続し、多様なニーズに対応
 ・ダッシュボード機能(*4)、レポーティングにより、サービスの見える化を実現
(2)サービス概要
 ・メニュー : 別紙参照
 ・提供価格例: 初期費用:219,000円?、月額:44,700円?(税込:Type 1の場合、別紙参照)

【SmartCloud Desktop:デスクトップ・サービス】
 セキュリティ/ガバナンスの強化に有効なシンクライアント環境を、柔軟に利用できるDaaS型(*5)のサービスです。

(1)特長
 柔軟性とガバナンスを両立するエンタープライズ向けシンクライアント
 ・使い慣れたWindows環境で、コールセンター利用から一般的なオフィス利用等、企業の様々な業務に対応
 ・ユーザーをパッチ対応等から解放するのに加え、システム管理者をPC管理から解放
 ・ファイルサーバー機能、リモートアクセス機能など、さらなる拡張が可能
 ・SmartCloud Resource PoolのHA機能とマルチサイト利用により、事業継続性を向上
(2)サービス概要
 ・メニュー : 別紙参照
 ・提供価格例: 初期費用:912,300円?、月額:10,500円/ID?(税込:1,000IDの場合)

【実績と今後の展開】
 NTTコムウェアでは、国内最高レベルのPUE値(*6)を実現しSAS70報告書(*7)を取得したデータセンター、ISO/IEC20000認証(*8)を取得したITサービスマネジメント、社内クラウドとして約50システムの統合、約5,000アカウントを収容するデスクトップ・サービス(シンクライアント)運用などのノウハウと実績を基に「SmartCloud」の各サービスを実現しています。
 2009年7月の「SmartCloud」コンセプトの発表以来、企業利用に必要とされる「クラウドのかたち」について多くのお客さまよりご意見を頂きました。これらのお客さまのご意見に応えるサービスの第一弾として提供するのが今回の「SmartCloud Resource Pool」と「SmartCloud Desktop」です。今後、ITIL V3(*9)のライフサイクルアプローチに基づき、さらなるお客さまのご期待に応えるべく、各サービスにおけるメニューやサービスレベルの拡充をはじめ、開発環境提供サービスなど新たなサービスを順次提供していきます。

≪別紙≫サービスメニュー概要・全体像と拡張予定サービス


【イベントのご案内】
 「SmartCloud」について、2010年7月22日・23日開催の第7回itSMF Japanコンファレンスにてご紹介予定です。

関連リンク

エンタープライズ・クラウド「SmartCloud」


【用語解説】
*1 IaaS :Infrastructure as a Service。ICTリソースを提供するサービス。
*2 HA:High Availability。 ハードウェアおよびOSの障害に対して、自動復旧する機能。
*3 マルチサイト:ロケーションの異なる複数のデータセンターにデータ/システムを設置したサービス。
*4 ダッシュボード:お客さまがサービス状況を把握できる機能。
*5 DaaS:Desktop as a Service。デスクトップ環境を提供するサービス。
*6 PUE:Power Usage Effectiveness。データセンターの電力利用効率を示す指標で、1に近づくほど効率が良い。
  PUE=(データセンター全体の消費電力量)/(データセンター内のIT機器消費電力量)NTTコムウェアは1.3。(日本の平均は2.2(2008年10月、JEITA調べ))
*7 SAS70:SAS70報告書は、独立監査人が内部統制の整備状況について評価したもの。
*8 ISO/IEC 20000:国際標準化機構(ISO)が作成した、ITILを基に作られたITサービスマネジメントの国際認証規格。
*9 ITIL V3:ITサービスマネジメントのベストプラクティス集(Information Technology Infrastructure Library)。2007年5月には、最新バージョンであるITIL V3が出版されている。英国及びその他の国における英国政府OGC(Office of Government Commerce)の商標又は登録商標。


※SmartCloud(スマートクラウド)は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。


このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ