心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4



報道発表

2011.09.26

長野、北海道データセンターを主要拠点として追加
?全国規模のシステム移転・分散により企業の事業継続を支援?

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:杉本 迪雄、以下NTTコムウェア)は、「SmartCloudデータセンター」の主要拠点に長野、北海道を追加し、企業の事業継続の要望にお応えします。


(1)背景・概要
 NTTコムウェアはこれまで、関東・関西の4拠点でデータセンターサービスを提供してきました。事業継続対策として大規模災害や計画停電に備えたシステム移転・分散を求める企業に応えるため、新たに長野、北海道を加えた全国6拠点にてデータセンターサービスを提供します。
 お客様は、立地条件(プレート、電力供給など)を考慮の上、データセンターを選択できるため、リスク分散による確実な事業継続が可能となります。

「SmartCloudデータセンター」の拠点
 追加2拠点
長野データセンター 所在 長野県
所要時間 最寄り駅より徒歩約10分
電力供給 中部電力、自家発電装置
北海道データセンター 所在 北海道
所要時間 最寄り駅より徒歩約5分
電力供給 北海道電力、自家発電装置
 既存4拠点
   東京、埼玉、大阪、京都  (既存4拠点の概要)

(2)「SmartCloudデータセンター」の特長
 「SmartCloudデータセンター」はキャリアグレード(通信キャリア利用レベル)の耐災性、セキュリティー、運用と、グリーンITを追求したデータセンターサービスが特長です。これまで、PUE=1.3(*1)を実現する環境配慮や、ISO/IEC20000の認証を取得した高品質なITサービスマネジメントを提供してきました。東日本大震災発生時には安定稼動を維持、また計画停電にも自家発電装置で対応するなど、ソフト(技術力・運用体制)、ハード(設備)の両面で、企業の事業継続を支援しています。
 NTTコムウェアでは、今回の東日本大震災や電力不足問題を踏まえて、自社における社内システムの拠点分散化、開発環境の分散化、クラウド環境の分散化を7月中旬までに完了しており、システム移転・分散の経験・ノウハウを展開していきます。

SmartCloudデータセンター


【用語解説】
*1 「PUE=1.3」:
・Power Usage Effectiveness。グリーン・グリッド(The Green Grid)が提唱するデータセンターの電力利用効率を示す指標で、1に近づくほど効率が良い。東京データセンターにてPUE=1.3を実現。
・PUE=(データセンター全体の消費電力量)/(データセンター内のIT機器消費電力量)

※ 「SmartCloud(スマートクラウド)」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。


このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ