心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

報道発表

ドローン/AI/MR活用によるスマートメンテナンスソリューションを2018年度提供開始
〜ドローン撮影映像の3次元可視化とAIによる不具合解析を組合せトータルでサポート〜

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下 NTTコムウェア)は、通信設備など社会インフラの保守点検業務の効率化に向け、ドローンやパイロット・撮影データなどドローンを活用する際に必要となる情報を一元的に管理するソリューション「ドロポ®」および、ドローン等による撮影画像を元に3Dモデルを構築することで、デジタル空間上での直感的な目視点検・診断・記録を実現する「KnowledgeMap® 4D」を開発、2018年度末より提供開始します。
 本ソリューションに加え、既に販売開始している画像認識AI「Deeptector®」および、ドローンの飛行や設備の措置・修繕をMR(Mixed Reality)技術で支援するツール「KnowledgeMap® xR(開発中)」を組み合わせ、NTTグループのデジタルトランスフォーメーションを推進するとともに、様々な社会インフラ維持管理の課題解決に貢献していきます。

社会インフラのメンテナンスサイクル



【背景】

 NTTグループは、鉄塔、局舎、橋梁、管路、電柱、吊線、とう道といった膨大な通信インフラを保有しています。高品質な通信サービスの維持・向上のために欠かすことのできないメンテナンスサイクルを高度化し、通信インフラを安心・安全かつ経済的に守っていくことが近年、重要な課題となっています。
 インフラ設備の劣化状況の診断は、熟練技術者の長年の経験やノウハウに頼る部分も多く、暗黙知の点検・診断スキルをどのように伝承していくのかが課題であるとともに、点検作業は、高所・閉所作業を伴うものも多く、危険作業は安全面からも極力削減する必要があります。

 NTTコムウェアでは、ドローン・AI・MR(Mixed Reality)といった最新技術を駆使し、通信インフラをはじめとした社会インフラのメンテナンスサイクルのデジタルトランスフォーメーションに貢献する技術開発・ソリューション開発を進めています。

【取組み概要】
■「ドロポ®」:ドローンやパイロット、撮影データなどドローンを導入・活用する際に必要となる情報を一元管理
 NTTグループの設備点検業務の知見をもとに、ドローン運用業務の支援や運用ノウハウの共有に役立つポータルシステム「ドロポ®」を開発しました。「ドロポ®」によって、ドローンやパイロット、フライトや撮影データの管理など、業務にドローンを導入する場合に必要となる計画や管理といった附帯業務を支援し、ドローンを活用した業務効率化を実現します。「ドロポ®」は2018年度内提供開始予定です。

<ドロポ®概要>

ドロポ®概要



■「KnowledgeMap® 4D」:ドローン撮影画像から点検対象を3D化し、仮想空間上での点検業務を実現
 ドローン航行による写真撮影、センサーデータなど取得した情報を元にデジタル空間上で簡易目視点検・診断の実現を目指し、「KnowledgeMap® 4D」を開発しました。
 SfM(Structure from Motion)技術により、撮影した写真から3Dモデルを生成し、点検対象の劣化状況を写真と3Dモデルで直感的に把握、管理することが可能です(特許出願済)。
 写真上に不具合点検・登録・報告業務ができるアノテーションツールを具備しており、同じ通信インフラの過去に撮影した写真を時系列で管理することで、経年劣化状況の把握ができます。熟練者がサビや剥がれなどの不具合の種類と劣化度合いを写真上に登録することでノウハウが反映された点検・診断結果が蓄積されます。
 この蓄積データを用いて、画像認識AI「Deeptector®」に教師データとして繰り返し学習させることにより、不具合箇所の自動検知・解析ができるようになります。さらにレベル判定の均一化や見逃しの防止など点検業務に役立てることができます。
 「KnowledgeMap® 4D」は2018年度内にトライアル版を提供予定です。

<KnowledgeMap® 4D概要>

KnowledgeMap® 4D概要



■「KnowledgeMap® xR」:MR技術によるドローン飛行、保守点検業務支援
 NTTコムウェアは「KnowledgeMap xR」として、MR技術を活用することでドローン飛行、保守点検業務を支援するアプリケーションの開発を進めています。
 ドローン飛行支援機能は、MRのHMD (Head Mount Display) を装着することで、現実のドローンを見ながら、リアルタイムでテレメトリーデータ・飛行ルート・撮影位置・撮影画像などを現実空間上に浮かび上がらせることで、パイロットの安全・正確なドローン飛行を支援します。
 さらに保守点検業務支援機能では、KnowledgeMap® 4Dで管理する不具合箇所の情報を現実の点検対象の上に重ねて表示することで、点検漏れを抑止し、また作業手順などを自動表示することで、確実で安全な補修作業を支援します。
 「KnowledgeMap® xR」は2019年度の実用化を目指し、現在開発中です。

<KnowledgeMap® xR概要>

KnowledgeMap® xR概要




<参考:ドロポ®管理画面>

参考:ドロポ®管理画面

参考:ドロポ®管理画面



NTTコムウェアは社会インフラのメンテナンス効率化、熟練者のノウハウ継承によるメンテナンス品質の更なる向上など、社会課題の解決に向けてソリューション展開を引き続き進めていきます。


※「ドロポ®」「KnowledgeMap®」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ