心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

報道発表

NTTコムウェア、企業の新たなビジネス立上げを支援する
クラウド型のフルフィルメントサービスを提供開始
〜 さまざまなビジネスにおける申込から料金請求までの業務を自動化 〜

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下 NTTコムウェア)は、クラウド型フルフィルメント※1サービスを、2019年11月5日より販売開始します。本サービスは、申込〜サービス提供開始までのフルフィルメントに関わる一連の機能をクラウド上で提供することにより、企業のビジネススタートまでの期間短縮と効率的なオペレーション実現を支援します。さらに、クラウド型フルフィルメントサービスと既に販売中の「Smart Billing®」を組み合わせることで、サブスクリプションビジネスやB2B2X※2モデルも含めたさまざまなビジネスにおいて、申込から料金請求までの業務を自動化することが可能です。
 クラウド型フルフィルメントサービスは、NTTグループが取り組んでいる、国内事業のデジタルトランスフォーメーション推進の一翼も担っていきます。

※1)フルフィルメント:サービス管理、顧客管理、オーダー受付・管理に関わる業務全般。
※2)B2B2X:他企業の顧客向け事業を支援・促進する事業。「B」はサービスを提供する企業、「X」は顧客を意味し、個人、法人、従業員、官公庁などが該当する。

1.背景
 あらゆる産業において、新たなデジタル技術を利用したこれまでにないビジネスモデルを展開する新規参入者が登場し、ゲームチェンジが起きつつあります。こうした中で、各企業は、既存領域の競争力維持・強化を進めていくとともに、新規領域での収益拡大を求め、新たなビジネスの立ち上げに取り組んでいます。
例えば、B2B2Xモデルのビジネスを展開する協業パートナーとサービス提供者、および、サービス提供者とお客さまとの間に生じるフルフィルメントに関する業務プロセスは複雑化しやすく、業務効率化を図るため自社でITを用意しようとするとビジネスの立ち上げに時間を要するという課題があります。
 NTTコムウェアは、NTTグループにおける電話、データ通信、移動体通信を代表とする膨大な業務プロセスをサポートするシステムの開発・保守・運用のノウハウと実績を活かし、フルフィルメントの業務プロセス・データモデルを最適化し、効率的なオペレーションを支援するクラウドサービスとして提供することで、企業の新たなビジネスの立ち上げを支援します。

2.本サービスの特長
(1) B2B2Xモデルなどの新たなビジネスモデルに対応
B2B2Xモデルでは、<1>B2B2Xモデルのビジネスを展開する協業パートナーとサービス提供者との間、<2>サービス提供者とお客さまとの間に生じるフルフィルメントに関する業務プロセスの管理が必要になります。本サービスでは、テナント毎に各社に応じた役割(例、商材卸会社、販売代理店等)を持たせることで、<1><2>の一連の取引を一元管理することが可能です。これにより、企業はB2B2Xモデルのビジネスやマーケットプレイスを容易かつ柔軟に開始できます。

B2B2Xモデルのイメージ
B2B2Xモデルのイメージ


(2) フルフィルメントの業務に必要な機能をクラウドサービスとして提供
本サービスはサービス管理、顧客管理、オーダー受付・管理などのフルフィルメントに関わる一連の機能をクラウド型で提供します。これにより、企業は自前でシステムを用意する必要がなくなり、短期間、低コストでのビジネス立ち上げが可能です。 また、商品・サービスを販売する売り切り型のビジネスに対応することはもちろん、サブスクリプションビジネスにも対応しており、NTTコムウェアのサブスクリプションビジネスを支援する料金請求プラットフォーム「Smart Billing®」との連携が可能です。組み合わせて利用することで、さらに料金請求、回収を含めた一連の業務を実施できます。

「クラウド型のフルフィルメントサービス」提供イメージ
「クラウド型のフルフィルメントサービス」提供イメージ


(3) 豊富なAPIによる柔軟性、拡張性の実現
提供するAPIを活用することで、自社のCRMやERPなどの既存システムや、他のクラウドサービスとの連携を柔軟に実現できます。

(4) テレコム業界の豊富なノウハウ・実績
本サービスは、TM Forumに準拠し、各種調査会社から高評価を得ているBearingPoint//Beyondのパッケージソフトウェア「Infonova ®」を基盤に採用し、NTTコムウェアのクラウドサービス構築技術、フルフィルメントのノウハウ・実績を加えた「クラウド型サービス」です。

3.今後の展望
 NTTグループ内から展開し、一般の企業にも提供範囲を拡大し、2025年には、年間売上規模10億円を目標に取り組んでまいります。
 今後もさまざまなサービスの追加を行い、サービスの機能強化を図ってまいります。具体的には、他社サービスとの連携によるビジネスの一体提供や、AIやBotを活用した機能などを提供することで、企業の新たなサービスの立ち上げと、デジタルトランスフォーメーションを通じたより一層の業務プロセスの効率化・高度化実現と利用企業の事業拡大に貢献してまいります。


※「B2B2X」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。
※「Smart Billing」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
※「Infonova」は、BearingPoint//Beyondの登録商標です。
※その他、記載されている社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ

  • 変わり続けるITとビジネスの今をキャッチ:トレンド情報
  • 使っているから効果がはっきり分かる!:導入企業の事例紹介
  • 開発者だから知っているソリューションの裏の裏:開発者インタビュー
  • 企業トップの対談から経営とITの戦略を知る:社長対談
  • 多様な業界インタビューから視野を広げる:ビジネスのヒント
  • NTTコムウェアのAI
  • Smart Billing®
  • WinActor®
  • SmartCloud®
  • NTT COMWARE ATHLETE TEAM