心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

報道発表

5G・ドローン・ARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功
〜高速大容量・低遅延な映像伝送によるドローン点検業務の効率化を実現〜

株式会社TTK(以下、TTK)、サン電子株式会社(以下、サン電子)、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(以下、NTTコムウェア)、スプラッシュトップ株式会社(以下、スプラッシュトップ)、株式会社NTTドコモ東北支社(以下、ドコモ)は、2019年11月13日(水)に、第5世代移動通信方式(以下、5G)によるドローン・ARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功いたしました。

現在、ドローンを活用した各種点検業務については、転落等の事故を回避できるなど、特に高所での作業が必要な業務における働き方改革の一環として導入が進められており、TTKにおいてもドローンを活用したビル外壁点検を実施しています。
ドローンでの点検業務を実施するには、ドローンの操縦技術と点検作業の熟練のノウハウが必要ですが、これら両方のスキルを持つ人材は多くなく、それぞれの担当者が作業現場に赴く場合があり、コスト面での課題があります。また、高齢化による退職により点検熟練者が不足しているため、点検業務における後継者の育成も課題です。

本実証実験では、TTKのドローンを活用したビル外壁点検において、ドコモが提供する「高速大容量」「低遅延」の特徴を持つ5Gを活用し、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」、NTTコムウェアのドローン情報取得・表示ソフトウェア「KnowledgeMap® xR」、スプラッシュトップのクラウド型リモートデスクトップサービス「Splashtop」を組み合わせることで、作業現場におけるドローンカメラ映像や各種飛行データ、ドローンを操縦する点検作業者視点からの映像を遠隔地の管制センターへリアルタイム送信し、それらの情報を基に管制センターから作業現場への指示や各種マニュアルのAceReal One画面上への表示を行いました。

また今回、サン電子の業務支援アプリケーション「AceReal Apps」のサーバー機能を「ドコモオープンイノベーションクラウドTM ※1」上に構築することで、より低遅延・セキュアな環境での実験を行いました。

遠隔での点検業務支援が可能となることで、点検熟練者が作業現場へ赴く移動時間の削減や、熟練者による複数現場の並行対応による効率的なノウハウ継承などへ寄与できると考えられます。
今後も各社は、5Gの様々な利用シーン創出や社会課題の解決につながるソリューションの実現をめざしてまいります。

※1 ネットワークの伝送遅延の低減とセキュアなクラウド環境を実現するMEC(Multi−access Edge Computing)の特徴を持ち、ドコモのネットワーク網にクラウド基盤をつなぐことで実現しています。さらにクラウド基盤上にドコモが開発した画像認識やAIエージェント基盤などの技術や、ソリューションパートナーが提供する5Gソリューションが順次搭載されます。

*「AceReal」は、サン電子株式会社の登録商標です。
*「KnowledgeMap」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標です。
*「Splashtop」は、米国Splashtop.Incの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの商標です。


【別紙】
実証実験の概要

1.内容
ドローンを活用したビル外壁点検において、ドローンを操縦する点検作業者が作業者目線の映像・ドローンカメラによる映像・ドローンからの各種情報を5G経由で遠隔地の管制センターへ伝送しました。管制センターでは、その情報を5G経由で受信し、作業現場の状況を確認した後、点検作業者へ5Gで指示を送信しました。

【作業現場 ⇒ 管制センター】
(1)AceReal Oneで撮影した映像の伝送(作業者目線の映像)
(2)ドローンのカメラ映像や各種情報の伝送(高度、方角、飛行軌跡、バッテリー残量等)

【管制センター ⇒ 作業現場】
(3)作業現場への作業指示(音声、画像)
(4)作業マニュアルの遠隔配布

2.実施日・場所
実施日:2019年11月13日(水)
場所:ドコモ東北ビル(住所:宮城県仙台市青葉区上杉1-1-2)

3.実証実験イメージ
実証実験イメージ

4.各製品の特長
製品名(企業名) 特徴
AceReal One
(サン電子)
防塵・防滴、ヘルメット装着対応、40度の高温環境でも使用できる作業現場に対応したARスマートグラス。
KnowledgeMap xR
(NTTコムウェア)
ドローンを目視しながら、リアルタイムでカメラ映像・テレメトリ情報などをスマートグラスを介して現実空間上に浮かび上がらせるソフトウェア。
Splashtop
(スプラッシュトップ)
外出先のスマートフォンやタブレット、ノートPCなどのデバイスから会社PCに接続し、遠隔からでも遅延なくスムーズに操作できるリモートデスクトップソフトウェア。


5.各社の役割
企業名 役割
TTK ・ドローン機体の提供
・遠隔作業指示によるドローンを使ったビル点検業務の実施
サン電子 ・AceReal One、AceReal Appsの提供
・ドコモオープンイノベーションクラウドへのAceReal Apps環境構築
NTTコムウェア ・KnowledgeMap xR の提供
スプラッシュトップ ・Splashtopの提供
ドコモ ・5Gプレサービス環境、5Gプレ端末の提供
・ドコモオープンイノベーションクラウドの提供


6.実証実験模様

<作業現場でのドローンを操縦する点検作業者>
<ドローンでのビル点検の様子>
<管制センターでの遠隔支援>
<管制センター内での映像評価の様子>

<AceReal Appsの画面>
【作業者視点映像】
<Splashtopにより伝送した
KnowledgeMap xRの画面>
【ドローンカメラ映像】

このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ

  • 変わり続けるITとビジネスの今をキャッチ:トレンド情報
  • 使っているから効果がはっきり分かる!:導入企業の事例紹介
  • 開発者だから知っているソリューションの裏の裏:開発者インタビュー
  • 企業トップの対談から経営とITの戦略を知る:社長対談
  • 多様な業界インタビューから視野を広げる:ビジネスのヒント
  • NTTコムウェアのAI
  • Smart Billing®
  • WinActor®
  • SmartCloud®
  • NTT COMWARE ATHLETE TEAM