COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録
ニッポン・ロングセラー考
ニッポン・ロングセラー考

この記事のPDFをダウンロードする

「人にはヒトの乳酸菌。」のフレーズでお馴染みの「新ビオフェルミンS」。昨今の“腸活ブーム”に1世紀先駆けて乳酸菌に着目した、ビオフェルミン製薬による乳酸菌整腸薬だ。ライバル商品が次々登場するなか、同社の看板商品としてトップを走り続ける強さの秘密は、長い年月をかけて培ってきた「安心・安全」「信頼感」「優しさ」という3つのブランドイメージにあるようだ。

港町・神戸が生んだ、生きた乳酸菌整腸薬

146_img01.jpg

「ビオフェルミン」の昭和初期のパッケージ。

146_img02.jpg

1987(昭和62)年の発売当時からほとんどパッケージのデザインが変わらない「新ビオフェルミンS」。

146_img03.jpg

2002(平成14)年、創業85周年を記念してつくられたビオフェルミン製薬の新しいロゴマーク。4人の創業者を表す4つの正円がモチーフで、その重なりが同社の頭文字「B」になるようデザインされている。

「腸内フローラ」という言葉をご存じだろうか。私たちの腸に生息する数百種類約600兆個を超える菌のことで、顕微鏡でのぞくとまるで「お花畑(Flora=フローラ)」のように見えることから、そう呼ばれるようになった。近年、“腸内フローラ”のバランスがお腹の調子だけでなく、生活習慣病や花粉症などに対する免疫機能、さらには老化といった健康全般に大きく影響することが分かり、ちょっとしたブームになっている。その「腸内フローラ」に1世紀も前から着目し、私たちのお腹に良い働きをするいわゆる「善玉菌」の代表である「乳酸菌」の薬として誕生したのが「ビオフェルミン」(ビオフェルミン製薬株式会社)だ。1917(大正6)年の誕生当時は1種の乳酸菌(フェーカリス菌)のみだったが、現在は新たに2種(アシドフィルス菌、ビフィズス菌)が加わり、計3種の乳酸菌を配合した「新ビオフェルミンS」として店頭に並ぶ。昨今の“腸活ブーム”で薬局やドラッグストアの棚を賑わす乳酸菌整腸薬のなかでも「元祖」ながら、1世紀もの間、トップを走り続ける「ビオフェルミン」ブランド。いかにして強力な看板ブランドになりえたのか。

「ビオフェルミン」の誕生は20世紀初めまでさかのぼる。当時、ヨーロッパで“長寿の薬”として研究が進められ、日本にも輸入されていた乳酸菌製剤が、第一次世界大戦の勃発により輸入がストップ。そこで、国際貿易港として栄えていた神戸の医師たちが、それに替わるものとして乳酸菌の国内生産を目指し、試行錯誤の末にたどり着いたのが「ビオフェルミン」の成分となる乳酸菌のひとつ、フェーカリス菌だった。1917(大正6)年、彼らはビオフェルミン製薬の前身となる神戸衛生実験所(神戸市中央区)を設立、フェーカリス菌を製剤化し、乳酸菌整腸薬「ビオフェルミン」が誕生する。「ビオフェルミン」の「ビオ」は「バイオ=生きた」、「フェルミン」は「フェルメント=酵素・発酵」を意味し、「生きた乳酸菌の薬」であることを表すが、大正時代にカタカナ表記の商品名は珍しく、ハイカラ文化で知られる神戸ならではといえる。

1949(昭和24)年にはビオフェルミン製薬と社名も新たに、同社は乳酸菌ひと筋で研究・開発に取り組んでいく。1966(昭和41)年には従来の「ビオフェルミン」に新たなもう1種の乳酸菌(アシドフィルス菌)を加え「新ビオフェルミン」として発売。さらに、1987(昭和62)年には乳酸菌3種配合した「新ビオフェルミンS」としてリニューアル。その効能は「整腸」「軟便」「便秘」「腹部膨満感」だ。整腸薬というと、便の出をよくするか、あるいはその逆のどちらかに効くと思われがちだが、「新ビオフェルミンS」は乳酸菌が生きたまま腸まで届いて増えることによって「腸内フローラ」を整える作用があるため、その両方に効く。また、錠剤に加え、細粒タイプがあるため、赤ちゃん(生後3カ月〜)も服用できる。そうした強みを武器に、「ビオフェルミン」は乳酸菌整腸薬のトップブランドへと成長していく。

次ページ 未曾有の震災を乗り越え、再スタートを切る

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

よく読まれている記事

よく読まれている記事

  • 週間
  • 月間

1

ニッポンの想像を超える未来 Vol.3 想像を超える言葉や情報の〝伝え方〟 株式会社ウゴカス 代表取締役 佐々木圭一さん

ニッポンの想像を超える未来
Vol.3 想像を超える言葉や情報の〝伝え方〟
株式会社ウゴカス 代表取締役
佐々木圭一さん

2

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様 開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様
開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

3

事例紹介:東京ガス株式会社様 働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

事例紹介:東京ガス株式会社様
働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

4

2020年代のサテライトオフィス ~働き方改革を後押しする、新しいオフィス活用法~

2020年代のサテライトオフィス
~働き方改革を後押しする、新しいオフィス活用法~

5

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは? ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは?
ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

1

事例紹介:東京ガス株式会社様 働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

事例紹介:東京ガス株式会社様
働き方改革を推進するスマホネイティブ実現に向けてビジネスメッセンジャー「シャナイン®TALK」を導入~約1万人のグループ社員がリアルタイムにコミュニケーション~

2

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様 開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

事例紹介:みずほ情報総研株式会社様
開発スピードアップ・アジャイルなど多様化する開発ニーズへの対応をめざす~みずほ情報総研様は「DevaaS® 2.0」を導入~

3

ニッポンの想像を超える未来 Vol.3 想像を超える言葉や情報の〝伝え方〟 株式会社ウゴカス 代表取締役 佐々木圭一さん

ニッポンの想像を超える未来
Vol.3 想像を超える言葉や情報の〝伝え方〟
株式会社ウゴカス 代表取締役
佐々木圭一さん

4

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは? ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

「身に着ける」から「埋め込む」へ。インプランタブル時代のビジネスとは?
ウエアラブルデバイスの先にインプランタブルデバイスの世界がやってくる

5

2020年代のサテライトオフィス ~働き方改革を後押しする、新しいオフィス活用法~

2020年代のサテライトオフィス
~働き方改革を後押しする、新しいオフィス活用法~

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

統合認証

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ