COMWARE PLUS プラス・サムシングを大切なお客さまへ

メールマガジンのご登録
NTTコムウェア「SmartCloudデータセンター」インタビュー 第4回
NTTコムウェア「SmartCloudデータセンター」インタビュー 第4回

この記事のPDFをダウンロードする

NTTコムウェアが提供する「SmartCloudデータセンター」の運用管理サービスである「MSP/DCサービス」では、サーバーやシステムを安全かつ確実に運用・保守できるよう、稼動状況、脆弱性の有無などをリアルタイムで確認できる独自ツール「SmartPIER」を用意しています。第4回となる今回のインタビューでは、MSP/DCサービスを「見える化」する「SmartPIER」誕生の背景やサービス高度化への取り組み、今後の展開についてご紹介します。

サービスを「見える化」し、お客さまに安心感を

― 「SmartPIER」とは、どのようなサービスなのでしょうか。

サービスを「見える化」し、お客さまに安心感を

佐野:NTTコムウェアは「SmartCloudデータセンター」でお客さまからお預かりしたサーバーやシステムを安全、確実に運用するためのMSP/DCサービスを提供しています。その一環として、お客さまのIT資産やCPU使用率などのリソース状況のほか、脆弱性に関する情報をウェブ上でリアルタイムに把握できるサービスが「SmartPIER」です。

また、「SmartPIER」と統合ヘルプデスクや統合監視システムが連携することで、より高品質で効率的なシステムの運用・維持・管理を実現できます。

IT運用の見える化と効率化を実現

― 「SmartPIER」を開発した背景について聞かせてください。

佐野:NTTコムウェアは、「お客さまのシステムを高品質かつ安全に運用すること」を目標にサービスを提供しています。

更なる安心感と信頼性の向上のためにお客さまのIT資産が、「SmartCloudデータセンター」内でどのように運用、監視されているのかを「見える化」し、お客さまと情報共有することを考えました。

佐野友香里

佐野 友香里
NTTコムウェア株式会社
サービス事業本部
サービスプロバイダ部 MSP-BU
カスタマサービス担当

開発は、2010年頃から「サービスの見える化=SmartPIERプロジェクト」としてスタートし、現在まで段階的に機能を拡充、強化しています。

― 「SmartPIER」の開発は自社で行われているのでしょうか。

佐野:はい、自社で開発しています。「見える化」の実現にあたり、当初は汎用ツールを導入することも検討しましたが、お客さまからのご要望にきめ細かく対応するために、「自社開発」という結論に達しました。

NTTコムウェアはSIerとしてさまざまなお客さまのシステムを企画段階から開発し、保守・運用までを手がけてきた実績があります。「SmatPIER」は、実際にMSP/DCサービスを提供、運用している部門が開発を手がけました。このため、お客さまのニーズに合った機能を追加し、育て上げてきました。これこそが「SmartPIER」の独自性であり、他社のサービスにはない強みだと思っています。

次ページ 「見える化」に新たな付加価値を追加し、サービスを高度化

想像を超える未来を、協創しませんか。

スマートフォン用リンク

事例紹介

スマートフォン用リンク

エバンジェリストが語るICTの未来

スマートフォン用リンク

働き方改革

スマートフォン用リンク

ページトップへ

トップへ