心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

報道発表

画像認識AI「Deeptector®」新バージョン提供開始
〜 判定精度向上・学習効率化により企業のDXを加速 〜

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下 NTTコムウェア)は、画像認識AI「Deeptector®」について、アーキテクチャを刷新し、新たな判定パターン「領域検出型」を搭載した新バージョンを10月13日より提供開始します。

 デジタルトランスフォーメーションや働き方改革の取り組みが推進される中で、AIを活用した業務変革へのニーズが高まっています。しかしながら、AIの利用には専門知識が必要であり、また実業務に耐え得るAIを作るためには、学習作業や精度向上に時間を有することから、実業務への適用が進まないという課題があります。NTTコムウェアは、画像認識AIにおいて、これまで通信業界・建設業界等の企業とともにセグメンテーション技術の検証を進めてきました。これらの取り組みにより、実業務に耐え得る精度の高さや学習作業の効率化に有効な技術であることを確認するとともに、誰でも簡単にAIを作ることをサポートする「Deeptector」GUIクライアントツールの判定精度可視化機能を充実化したため、新たなサービスメニューとして「領域検出型」の提供を開始します。

 さらに、この度、コンテナ技術を活用し「Deeptector」基盤アーキテクチャの刷新を行いました。コンテナ活用による開発サイクルの短縮に加え、標準提供のDeep Learningエンジン(以下、DLエンジン)のほかに、業務課題に最適なDLエンジンやユーザが独自に開発したDLエンジンの追加・変更が容易に実施できます。また、API共通化により、エンジンを変更した際もアプリケーションの変更は不要になり、企業は、今まで以上に、迅速かつ効率的に「Deeptector」を利用した新たなサービスを展開することが可能となります。今後、日々進化するAIの最新技術をより早く取り込むことができるアーキテクチャであるため、最新の技術を迅速に業務適用し、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させることが期待できます。

 NTTコムウェアは、「Deeptector」をはじめとしたAIサービスのさらなる拡充によるAIの利用促進を図り、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献します。




【別紙】

画像認識AI「Deeptector」の概要


1. 概要
 画像認識AI「Deeptector」は、深層学習 (Deep Learning) を利用した 画像認識AI です。点検や検査など、人の「目」による判断を AI が代替することで、業務課題を解決します。「Deeptector」は、画像認識AIの利用に必要な教師データ作成、学習、判定の一連の機能をGUIクライアントツールで提供します。「物体検出型」「分類型」「レベル判定型」「正例判定型」の4つの判定パターンを利用し、AIを作成することが可能です。この度、新バージョンとして、セグメンテーション技術を利用した「領域検出型」の新規追加、基盤アーキテクチャの刷新、GUIクライアントツールの機能拡充を行いました。

2. 新バージョンの特長
(1)セグメンテーション技術を利用した「領域検出型」
 「領域検出型」とは、多角形で対象物の形状に沿って囲み学習をさせることで、対象物の形状まで特定し検出する機能です。物体の形状まで特定するため、背景や重なりによるノイズを最小限にすることができます。さらに、パラメーターをデフォルト設定しているため、専門知識がなくても精度向上が期待できます。

物体検出型のイメージ

領域検出型のイメージ


(2)基盤アーキテクチャの刷新
 基盤アーキテクチャの刷新により、以下の対応が可能になります。

  • コンテナを活用し、検証から商用までの開発サイクルを大幅に軽減
  • 「Deeptector」標準搭載のDeep Learningエンジン(以下、DLエンジン)に加え、利用者が新しいDLエンジンを簡単に追加可能
  • APIの共通化により、DLエンジン追加に伴うアプリケーションの変更は不要
  • 利用者独自の画像加工の前処理、後処理が追加可能(フック機能)
  • 異なるDLエンジンで作った学習済みモデルを組み合わせて利用可能

  • Deeptector基盤



    (3)精度向上をサポートするGUIクライアントツール
     「Deeptector」のGUIクライアントツールに、グラフや集計機能など判定精度を視覚的に確認するレポート機能を拡充しました。AI作成に必要となる教師データ作成、学習、判定をワンストップで行うことができ、時間のかかるAIの精度向上作業をサポートします。

    <GUIクライアントツール画面イメージ>

    図1 判定数の分布を可視化
    図1 判定数の分布を可視化


    図2 誤検出した画像の絞り込み
    図2 誤検出した画像の絞り込み


    3. 料金
     別途お問い合わせください。
     領域検出型の利用には、オプション契約(有償)が必要となります。

    4. 新たな機能の提供開始日
     2020年10月13日(火)

    5. 商品ホームページ
     https://sc.nttcom.co.jp/ai/deeptector/


    ※「Deeptector」はNTTコムウェア株式会社の登録商標です。
    ※その他、記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。

    このページに掲載されている情報は、発表日時点のものです。
    現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、
    あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ

  • 変わり続けるITとビジネスの今をキャッチ:トレンド情報
  • 使っているから効果がはっきり分かる!:導入企業の事例紹介
  • 開発者だから知っているソリューションの裏の裏:開発者インタビュー
  • 企業トップの対談から経営とITの戦略を知る:社長対談
  • 多様な業界インタビューから視野を広げる:ビジネスのヒント
  • NTTコムウェアのAI
  • Smart Billing®
  • WinActor®
  • SmartCloud®
  • NTT COMWARE ATHLETE TEAM