心をつなぐ、社会をつなぐ

検索5 6 7
ページ内移動ナビゲーション
  1. ナビゲーションへ移動 (アクセスキー 1)1
  2. 本文へ移動 (アクセスキー 2)2
  3. カテゴリーごとのナビゲーション・関連リンクへ移動 (アクセスキー 3)3
  4. サイト補助説明(ご利用規約、個人情報について、サイトの使い方)のナビゲーションへ移動 (アクセスキー 4)4

WinActor®

導入事例

人事:人事異動情報登録の自動化

人事:人事異動情報登録の自動化

人事異動情報の登録は、一件一件手作業で投入、登録する作業を実施していた。 そのため、ビル異動に伴う包括発令等で大量データ入力(約500件)が必要となり、稼働がかかっていた。 そこで、Excelの情報を基に人事情報を登録する作業の自動化を実施した。(作業時間:3人日→1分)

ページトップへ

営業:競合会社ニュースリリース収集

営業:競合会社ニュースリリース収集

営業担当者は、インターネット上の各競合会社のHPにあるニュースリリース情報を手作業で取得し、参考情報としていた。 しかし、手間がかかるため実施頻度は週一回だった。 情報取得の一連の業務を自動化することで日次取得が可能となり、情報の鮮度向上につながった。

ページトップへ

経理:経理情報共有の自動化

経理:経理情報共有の自動化

経理担当者は、経理システムからの情報抽出・加工・共有サーバーへの公開を手作業で実施していた。 所要時間は膨大ではないが、手作業では手間がかかるため実施頻度は月6回程度だった。 一連の作業自動化で所要時間が大幅短縮したため、日次更新が可能となった。

ページトップへ

労務:稼働投入作業自動化

労務:稼働投入作業自動化

担当者は、月初めに前月の稼働を稼働管理システムに登録する必要があるが、データの投入は手作業で行っていた。 約50名が同様の作業を実施しており、毎月一人当たり30分かかっていた。 データ投入を自動化することで、作業時間を5分に短縮でき、全体で毎月20時間以上の稼働の削減に成功した。

ページトップへ

労務:勤怠ログデータ出力の自動化

労務:勤怠ログデータ出力の自動化

業務端末とOA端末の勤怠ログの乖離検出のため、新たに勤怠ログ突合システムを開発した。 しかし、勤怠管理システムとの情報連携はシステム化できなかった。 そのため、勤怠管理システムから勤怠ログを日々抽出することになったが、稼働がかかることが見込まれた。 そこで、WinActor®を利用し自動化した。

ページトップへ

お問い合わせ

パンフレットをみる

ダウンロードPDFが開きます

この商品のお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページトップへ